美肌パズル

美容情報&コスメレビュー

脇の黒ずみは脱毛がキッカケで起こる!?黒ずみを防ぐにはどうしたらいいの?

脇は体の部位の中でもとくに黒ずみやすい場所だと言われています。乾燥や摩擦による色素沈着、そして毛穴に汚れが詰まることから生じるのが脇の黒ずみです。

脱毛サロンでのフラッシュ脱毛やクリニックでのレーザー脱毛でも、黒ずみは起こると言われているようですがそれは本当なのでしょうか!?

ワキの医療レーザー脱毛するならココ!効果はどれほど?

 

炎症後色素沈着

色素沈着の正式名称は「炎症後色素沈着」、読んで字のごとく炎症がまず起こってそこから徐々に皮膚が色素沈着を起こしていくというような症状になっています。

この炎症後色素沈着の多くは茶色系の黒ずみを肌に残していきます。脱毛してから茶系の黒ずみを発見したという場合は、炎症後色素沈着が起きている可能性を疑った方がいいかもしれません。

炎症後色素沈着が起こるメカニズム

肌の内部で炎症が起こると、この炎症後色素沈着ができていきます。炎症のキッカケというのはいろいろなケースがありますが、脱毛処理もこのキッカケになりうるということです。

脱毛処理によって細胞がダメージを受けると、そのダメージを回復しようと体の組織たちは動き出します。炎症が起こった部位で、きれいで新しい細胞を生み出そうと働き始めるのです。

 

このときにメラニンを作り出すメラノサイトも同時に働いてしまうため、色素沈着が進んでしまうと言われています。

色素沈着は深いもの・重度のものでなければ、肌のターンオーバーを繰り返すことで薄くなっていくのですが、このターンオーバーが正常にいっていないとなかなか消えてくれません。

 

長年黒ずみとして肌に色素沈着が残ってしまっている方は、肌のターンオーバーを正常化させることも重要です。

ターンオーバーを整えるためにしたいこと

  • ビタミン中心の食生活を心がける
  • 深くて質のいい睡眠をとる
  • 運動を生活に取り入れて血行促進をはかる
  • 紫外線対策をしっかり行う
  • ストレスを感じたらその都度解消できるようにする
40代以降は普通に生活していても肌のターンオーバーが乱れてくるようになります。肌のくすみなどが目立ってきたら、ターンオーバーの乱れのサインかもしれません。

医療脱毛で色素沈着しやすい部分

全身脱毛をしようと思っている方にとって、色素沈着が起こって黒ずみになりやすい体の部位というのは気になるところですよね。

一般的には、ムダ毛が濃くて毛が密集しているところほど脱毛処理したときに黒ずみが発生しやすいとされています。脇やVIOラインなどは、この箇所に該当します。

 

ムダ毛の濃い部分を脱毛しようと考えている方は、事前に黒ずみができないようなケアの方法や対策をしっかり頭の中に入れておくのがベスト。万が一に備えておくといいですね!

色素沈着・黒ずみを発生させないようにするためには

それでは医療脱毛したときに黒ずみを発生させないようにするためのポイントを、いくつかご紹介していきましょう。どんなケアをすれば、黒ずみを防ぐことができるのでしょうか?

クーリングをする

黒ずみになりそうな部分というのは、レーザーの熱を内側にこもらせています。この熱をそのままにしていると、色素沈着を引き起こしますので注意が必要です。

もちろんクリニックでも施術後にアイシングやクーリングをしてくれると思いますが、帰宅後など施術した部分に熱感を感じたら自分でも積極的にクーリングをするのがおすすめ。

 

クリニックでの冷却と自宅でセルフで行う冷却、この2つをしっかりと行いましょう。

熱感をそのままにしてしまうと施術部位だけでなく、周囲の組織にもその熱が伝わってしまいます。色素沈着や黒ずみを広げないためにも、しっかりクーリングを行いましょうね!

 

自宅でのクーリングに特別なものはいりません。アイスノンや保冷剤のようなものを使ってもいいですし、そういったものがなければ氷水をビニールに入れて施術部位に当ててください。ハンカチなどに包んで冷たさを調節してクーリングするようにしてくださいね♪

処方薬を使う

脱毛サロンでは処方薬をもらうことはできませんが、レーザー脱毛を行っているクリニックであれば炎症時に使える薬を処方してくれる場合が多いです。

施術後に炎症が起こってしまったら薬をで対処するようにしてください。

肌の調子を万全にしてから脱毛に臨む

施術当日の肌の調子というのは、実はかなり色素沈着のしやすさに関わります。調子が悪いと、それだけ黒ずみ発生しやすくなるので注意が必要になるのです。

レーザー脱毛の予約をしている日までに、しっかりコンディションを整えられるようにしていきましょう。睡眠不足や栄養バランスが偏った食生活などはNGです!

黒ずみを防ぐためにしたいことまとめ

  • 施術後にセルフクーリングを行う
  • クリニックで処方された薬を使う
  • 施術前の肌のコンディションをしっかり整える

脱毛やムダ毛処理で黒ずみができてしまった!という人の口コミ

実際にムダ毛処理がきっかけで脇などに黒ずみができてしまったという女性の口コミを参考にしてみましょう。

 

脇の脱毛処理はカミソリをずっと使っていたのですが、やはり肌にかなり負担を強いていたみたいでついに黒ずみが発生してしまいました・・・。

黒ずみケアクリームを使って地道にきれいにしていっていますが、なかなか元通りになりません。やはりムダ毛処理にカミソリを使うのはやめようと思いました。

黒ずみを起こしにくいクリニック選びとは!?

黒ずみだけでなく、脱毛にトラブルはつきもの。できるだけこういった不都合をなくすためには、クリニック選びの時点から慎重に行わなければなりません。

どのようにクリニックを選んでいけばいいのか、そのあたりもしっかり把握していきましょう! これから脱毛しようと考えている方は、ぜひこちらを参考にしてください。

医療脱毛の症例数が多い

これは美容施術を受けるときの基本ですが、症例数が多いクリニックやドクターを探してそこにお願いするというのが最もリスク少ないでしょう。

やはりこなしてきた場数というのはとても重要で、経験値の多いクリニックやドクターはいざ色素沈着が起こりそうな場面でも適切な対処をしてくれます。

 

もちろん一概には言えませんが、施術の料金があまりにも安すぎるクリニックはちょっとあやしいかな・・・、何でこんなに安いの?と思った方がいいでしょう。

黒ずみや色素沈着で泣きを見ないためにも料金は二の次、まずは経験値や症例数を重視してクリニックを選んでいきましょう。

保証制度やアフターサービスがしっかりしているクリニック

クリニックでも保証制度やアフターサービスというのは、それぞれ用意されている程度が異なってきます。充実したアフターサービスをしてくれるところもあれば、施術後の保証は一切なし!というクリニックもあるのです。

やはり色素沈着や黒ずみが発生したときのことを考えると、施術後にもしっかり対応してくれるところがいいですよね。施術内容だけでなく、保証制度についても事前にちゃんと確認しておくようにしましょう!

湘南美容外科の医療レーザー脱毛!ワキ脱毛の効果と口コミは?

早めの対処が重要!

黒ずみや色素沈着が起こってしまうことは珍しくありません。実際に起こってしまったら、早めに対処することも重要になってくるのです。

迅速なケアをすれば黒ずみもそこまでひどくならないですし、ちゃんときれいな肌に戻ります。黒ずみが定着する前に、スピーディなケアを心がけましょう!

そして脱毛するときのクリニック選びも、慎重に行うようにしてくださいね。