美肌パズル

美肌になる方法&コスメ効果口コミ情報

紫外線はガラスを通り抜けて部屋の中にも入ってきます。最も効果のある対策は?

紫外線,ガラス,部屋の中,対策

家にいるとき、紫外線対策していますか?

家の中では気にしなくていいと思っている方もいると思いますが、実は紫外線は家の中まで入ってきてしまうのです。

しかもお肌にとって1番気をつけなければならないUVAは、窓ガラスを通りぬけることが出来ます。幽霊かってツッコミたくなりますよね。どこにいても油断は禁物です。

 

スポンサーリンク

家の中にも紫外線は入ってくる

家の中って屋根もあるし、窓さえ閉めていれば紫外線を気にする必要なんてないと思いますよね。でも実はそうではないんです。

お肌にとって最も避けなくてはならない種類の紫外線は家の中まで入ってきて私たちを狙っているんです。

 

まず、紫外線と言ってもUVAとUVB、更にはUVCの3つに分けられます。UVCはオゾン層に吸収されてしまうため、地上には到達しません。ということで、お肌に害を与える紫外線はUVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)ということになります。

UVAはお肌の内部を攻撃、UVBはお肌の表面を攻撃します。ざっくり言うと、UVAで若々しい美肌の源を壊してUVBでお肌を黒くさせちゃうよ~って感じです。

 

お肌の大敵、UVAは窓さえも通り抜ける。

そんな2つの紫外線ですが、厄介なことに家の中まで入ってこれるやつがいるんです。

はい。UVAです。

コラーゲンなどの美肌に欠かせない組織を壊し、シワを作り、お肌のたるみの原因を作り、シミの原因にまでなってしまうUVAです。

 

UVBは窓ガラスにシャットアウトされてしまいますが、UVAは窓ガラスを通り抜けることができちゃいます。

幽霊かっ!←2回目。

窓を閉めていても日のあたる窓付近であれば外と比べて約80%の紫外線を浴びることになりますし、直接日の当たらない場所であっても床や壁などを使って反射・散乱するため、空気中には約10%の紫外線があるそうです。

屋根があろうが窓を閉め切っていようが、UVAには関係ありませんヽ(;▽;)ノ

 

家の中でできる紫外線対策

そんなわけで、お肌の老化を進めたくないのなら家の中でも紫外線対策をしておいたほうがいいんです。でも出かける予定もないのに日焼け止め塗ったりUVカットの帽子や手袋するのって面倒ですよね。

お肌のことを考えると、メイクや日焼け止めもなるべく控えたいところです。
そこで、日焼け止めに頼ることなく家の中でもできる紫外線対策についてまとめてみました。

 

UVカットフィルム

窓に直接貼るだけで紫外線を約98%防いでくれるフィルムです。窓のサングラスとも呼ばれていますね。UVAカットの他にも断熱・遮熱効果で室内の気温上昇を抑えることによる冷房の効率アップ、更にフローリングや家具の色あせ防止にも役立ちます。

※UVカット効果は商品よります。

 

『レフテル ZC05G』という高透明熱線反射断熱フィルムならUVAを99%カットしながら光は取り込んでくれるのでフィルムを貼ることによって部屋が暗くなる心配もありませんし、オールシーズン使えるので季節ごとに張り替える必要がありません。

こちらのショップだと窓のサイズに合わせてオーダーでフィルムをカットしてから送ってくださるので余計な手間をかけなくて済むし、簡単に装着することができました。

レフテル ZC05G オーダーカット【楽天市場 ガラスフィルムショップ】

 

デメリットは賃貸住宅の場合ですね。引越しの際には剥がさなければいけませんので。我が家も賃貸ですので、購入したショップの方へ問い合せました。

直接電話で聞いたのですが、プロが貼ると10年は持つ商品らしいので、簡単ではないですが剥がすことはできるとのことでした。ゆっくり剥がしたり、剥がすための道具を使ったりすれば元の状態に戻せるそうです。

元に戻せるなら問題ないですよね。10年住み続けるかは分かりませんが、すぐに引っ越すわけではないですし。(私の場合)

 

UVカットカーテン

窓にUVカットフィルムを貼っているのならそれだけで十分ですが、UVカットカーテンもまた有効な手段です。カーテンを閉めていれば紫外線の侵入を防げます。

ですが、普通のカーテンでは紫外線を防ぐ効果は期待できませんし、遮光カーテンだと紫外線も防いではくれますが、光も遮るため部屋の中が真っ暗です。UVカット効果のあるカーテンを選びましょう。

デメリットはやはり、部屋の中が暗くなってしまうことですね。あと風が吹いてカーテンが開いちゃったら意味がない。

 

UVカットカーディガン

女性であればUVカットカーディガンも活躍してくれるでしょう。着るだけで手軽な紫外線対策になります。日焼け止めを塗る範囲も手間も大幅にカットできますし、肌への負担も減ります。冷房の強い部屋では、冷え対策にもなりますね。

綿生地や麻より、レーヨンが紫外線の遮断率は高いそうです。

 

デメリットは全身を紫外線から守ることはできないことです。顔や首、手などは別で対策する必要があります。

 

そしてもう1つのデメリット&注意点。

合成洗剤での洗濯を繰り返すと、効果が下がってしまいます。なるべく手洗いした方が良さそうです。

カーディガンに日焼け止めスプレーを吹きかけてUVカット効果を強化するのもアリですね。

 

UVカットめがね

紫外線の影響を受けているのは、お肌だけではありません。紫外線は目からも入ります。

目から紫外線が入ると、脳が反応してメラニンを作るように身体に命令します。小麦色のお肌やシミの出来上がりです。

 

それを防ぐため、家の中でもUVカットのめがねを着けると良いです。普段使っているメガネにUVカットが加工されていれば、それで大丈夫です。

普段めがねをかけない方は、高いものでなくても100円ショップの商品でも意外に紫外線予防の効果が高いそうですよ。

 

サングラスでも構わないのですが、家の中でサングラスをしていると見えづらくて不便ですし、特に色の濃いサングラスは光を多く取り入れようと瞳孔が大きくなるため、逆効果となる場合があるそうです。

サングラスを選ぶ際には、色の薄いものを選ぶといいですね。

 

UVカット効果のあるコンタクトもありますが、それだと黒目はカバーできても白目の部分はカバーできません。コンタクトだけでは目から侵入する紫外線すべてをカットすることは出来ません。(こんなことを書いている私も、知らずに油断していました。泣)

やはりメガネで目を全て覆ったほうがよさそうです。ですが、メガネだけしていれば良いわけではありません。当然ですが、UVカットめがねだけではお肌へ直接襲いかかる紫外線への対策にはなりません。

ここが最大のデメリットですね。

 

飲む日焼け止め

セラミドファイン,効果,口コミ,飲む日焼け止め,美白,サプリ

飲む日焼け止め。初めて聞くとワケわかりませんよね(笑)

簡単に説明すると、自分の力で紫外線を跳ね返せるような、強くて健康的なお肌作りをサポートしようといった感じのサプリですかね。

1日3回に分けて服用することが推奨されていますので、ビタミンCなどの関係もあると思います^^

 

詳しくはこちらの記事にまとめてありますので、気になる方はどうぞ!

個人的には飲む日焼け止めがどうこうよりも、飲み始めてからセラミドパワーのおかげでお肌がツヤツヤモチモチになったことの方が嬉しかったりもします(*^皿^*)

 

結論 家の中で最も紫外線カット効果が高いのは?

家の中で紫外線カ防止効果が高いのはダントツでUVカットフィルムです。お肌の老化を防ぐためにはUVA対策は必須ですからね。

家の都合など、色々あるとは思いますが、窓に直接貼っても元に戻せるなら大丈夫って方は貼っておいて損はないと思います。

飲む日焼け止めなど、他の紫外線対策グッズと併用するとより良いと思います^^