美肌パズル

美肌になる方法&コスメ効果口コミ情報

雨の日でも油断は禁物!紫外線対策は必要です

雨 紫外線 対策
曇りの日の紫外線が意外に多いということは有名ですが、実は雨の日でも注意しなければいけません。どんな天気であろうと紫外線に襲われているのです。

紫外線の心配がいらないのは、太陽の光が当たらない夜だけです。

 

スポンサーリンク

天気の違いによる紫外線量

紫外線は太陽の光の中に含まれています。
『じゃあ晴れている日以外は紫外線対策しなくてもいいの!?』
と言われると、そうではありません。

たしかに雲があると太陽の光は遮られ、あたりも薄暗くなります。ですが、光が雲に遮られても紫外線だけはしぶとく地上に届いてしまうのです。

 

晴れている日の紫外線量を100%とすると、曇っている日は約80%、雨の日でも30%は地上に到達しているそうです。

紫外線はお肌の老化を促進させます。晴れや曇りの日に比べて量が少ないとはいえ、紫外線を浴びていることに変わりはありません。

最も注意すべき曇りの日の紫外線

最も注意しなければいけないのは曇りの日の紫外線です。日差しが弱いからといって、紫外線対策を油断していませんか?

その油断、命取りです。

先程も書いた通り、雲の厚さにもよりますが曇りの日でも晴れの日の6~8割の紫外線があることが分かっています。『曇りの日の紫外線が一番強い』という噂はさすがに誤解ですが、それほど注意したほうが良いということです。

 

しかし何よりも注意したいのは雲の間から晴れ間がのぞいている場合です。直接襲う紫外線の他に、雲によって反射された光・散乱された光も加わります。場合によっては晴れの日よりも紫外線量が多くなることがあるのです。

雨の日の紫外線にも油断は禁物

雨の日の紫外線が30%だからといって油断はしない方が良いです。紫外線はお肌を黒く日焼けさせるだけではありません。

紫外線で最も怖いのは、年齢肌への影響です。

お肌のシミ、たるみ、ほうれい線など、年齢肌のほとんどの原因に紫外線が関係しています。日焼けしたくないからUVケアするのではなく、お肌の老化を防ぐためにUVケアをしましょう。

 

天気にかかわらず日焼け止めは必要?

紫外線対策といえばまず思いつくのが日焼け止めですよね。紫外線は1年中なくなることはありませんので、外出するのであれば、まず間違いなく必要でしょう。

ですが、お肌への負担も気になりますし、天気に応じて、また、外出の目的に応じて使い分けると良いと思います。

ちょっとした外出であれば日焼け対策グッズだけで十分かもしれませんし、海水浴などのアウトドアの場合は強めの日焼け止めが必要でしょう。

雨の日の紫外線対策

さすがに雨の日はガッツリと紫外線対策をする必要はないでしょう。でも晴れの日同様、日焼け止めをこまめに塗ることは必要です。

スプレータイプやパウダータイプなど、サッと使える軽めのものを用意しておくと良いと思います。雨だからと油断せずに、しっかりと紫外線対策を行いましょう。

家の中にいるときの紫外線対策

日焼けに関係するUVBは外にいるときだけ心配していればいいのですが、内部まで影響を及ぼし、お肌の老化を進める紫外線UVAは窓ガラスを通り抜けて家の中まで入ってきてしまいます。

どこにも出かけないのに日焼け止めを塗ったりするのも面倒ですよね。そんなときは家の中でもできる紫外線対策を行うと良いですよ^^

飲む日焼け止めってなに!?サプリメントで日焼けを防止しよう♪効果のほどはどの程度!?

雨でも晴れでも曇でも、紫外線によるお肌へのダメージは変わらない

紫外線の量は季節や天気によって変わりますが、お肌へ与えるダメージが変わることはありません。日焼けだけならお肌のターンオーバーによっていつかは元に戻りますが、破壊されてしまったコラーゲンなどの組織は元に戻らないのです。

若い子のように代謝が活発ならば代わりのコラーゲンもすぐに作られるでしょうが、30歳を越えてしまうと、そういうわけにはいきませんよね。

お肌の老化を防ぎたいのなら、紫外線から守ることは必須と言えます。

紫外線対策まとめ。日焼けより怖い光老化からお肌を守る方法