美肌パズル

美容情報&コスメレビュー

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いって何?どっちの日焼け止めが良い?

b0606e07dee32396cbefe7c95513d75d_s

夏が近づいてくると日焼け止めのCMも多くなるしお店にも目立つ場所にズラーッと並べてありますよね。

あれだけ種類があるとどれを選べばいいのかさえ分からなくなりますが、まず日焼け止めを選ぶ基準に入れてもらいたいのは紫外線吸収剤を配合しているタイプなのか紫外線散乱剤だけを使用しているタイプなのかということです。

結論から言いますが、両方にそれなりのメリットとデメリットがありますし、それらをしっかりと理解したうえで場面に応じて使い分けるのが正解です。

 

スポンサーリンク

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いを知って使い分けましょう

日け止めには紫外線吸収剤が使われているものと紫外線散乱剤のみで作られているものがあります。その2つの違いを知ることで購入するときにも迷うことがなくなるでしょうし、お肌の事を考えて使い分けられるようになると思います。

場面ごとに最適な、お肌に負担の少ない日焼け止めを選ぶために、まずは紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いについて見てみましょう。

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤とは、その名の通り成分自体が紫外線を吸収することでお肌への浸透を防ぐタイプの日焼け止めです。紫外線を取り込む時に化学変化を起こし、エネルギー(熱や赤外線)に変えたり違う物質に変える成分です。熱に変えると言っても、人肌で熱いと感じるほどではありません。

ですが、敏感肌などの肌が弱い方が紫外線吸収剤入りのUVカット効果の高い日焼け止めを使うと、稀に肌荒れを起こしてしまうことがあります。それはエネルギーを吸収したときの化学反応、またはその反応によって変化した物質にお肌が反応してしまった場合です。

肌に塗っているものが化学反応を起こしているので敏感な方は刺激に感じてしまう場合もあるようです。
紫外線吸収剤はお肌に悪いというイメージが先行していますが、吸収剤自体がお肌に有害なわけではないんですね。

メリット

  • 汗に強い
  • 無色透明
  • サラサラでなめらかな使用感
  • UVカット効果が高い

 

紫外線吸収剤の最大のメリットは汗に強いく、UVカット効果が高いということです。夏はたくさん汗をかきますし、せっかく日焼け止めを塗っても汗で流れてしまっては意味がありませんもんね。

塗った時の使用感もサラサラでなめらかだという特徴もありますし、特にアウトドアなどで外にいる時間が長い日などには最適だと言えます。

また、紫外線吸収剤は透明なので白浮きすることがありません。メイクを重ねることを考えると、お肌が白くなりすぎないのは嬉しいですね。

デメリット

  • 化学反応
  • お肌の酸化

 

紫外線吸収剤の最大のデメリットはやっぱり化学反応ですよね。紫外線をガードする力は最も強く、SPFが高いものも多いですが、その分化学反応も多くなるため お肌への負担も増えることになります。

また、紫外線を吸収する際にお肌の酸化を促すため、長い時間つけたままにしているとシミやしわの原因になってしまうこともあります。ですが最近では紫外線吸収剤をカプセルに入れる技術の開発も進んでいます。そうすることでお肌に直接触れることがないため、お肌への負担を極力減らせるというわけです。

紫外線吸収剤ってお肌に悪いの?

紫外線吸収剤の成分自体が有害なわけではなく、紫外線を吸収して化学反応を起こすときにお肌が負けてしまう方がいるということです。デメリットでも挙げた通り、紫外線防止効果が高い分、化学反応も強くなるのでお肌の弱い方にとっては少し負担が大きすぎるかもしれません。ですが海や山などに出かけた場合は、高いUVカット効果は大いに役立ちます。

でも紫外線吸収剤は対応できる種類などの幅が狭く、それだけでは全ての紫外線をガードすることはできません。特に、1番防いで欲しいUVAを吸収できるものが少ないため、SPFやPAの数値の高い商品をつくる場合は紫外線散乱剤の力を借りることになります。

紫外線吸収剤として使われている主な成分

  • メトキシケイヒ酸エチルヘキシル(パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル)
  • ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
  • ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤とは、白い顔料に紫外線を反射・散乱させることでお肌に浸透するのを防ぐ成分のことです。紫外線は太陽の光の中に含まれているので、それを利用して反射・散乱させちゃえばお肌には入れなくなるよってことです。

強引に例えるならお肌を天然の鏡でバリアしてる感じ?
少し強引すぎましたね(笑)

 

ファンデーションを塗っているときに光に当たると光が反射したり散乱したりしてお肌がキレイに見えますよね?あんな感じで紫外線を反射させちゃおうってことです。白は光を反射させますもんね。

紫外線散乱材は白色顔料としてファンデーションなどにも使われているので、SPFやPAの数値は低くてもそれだけで紫外線予防効果があります。

メリット

  • 低刺激
  • 長持ち
  • UVAに強い

 

紫外線散乱剤はノンケミカルで天然成分なので、吸収剤と比べるとお肌に優しく、肌荒れしにくいです。また、紫外線吸収剤のような化学反応は必要なく、襲ってきた紫外線を跳ね返すという非常にシンプルな作りなので1度お肌に塗ってしまえば お肌についている限り効果は続きます。ただ、汗に弱いという欠点もあるため、塗り直す必要がないのかというと そうではありません。

同じ理由で、どんな紫外線にでも対応できます。UVAに弱い紫外線吸収剤と比べると、紫外線散乱剤は万能ですね。

デメリット

  • 白浮き
  • 汗に弱い
  • こってりと重たい使用感
  • 長時間つけっぱなしだと肌が乾燥する

 

まず大きな特徴として、白い顔料が紫外線散乱剤の成分として使われているため白浮きしやすいということがあります。顔はファンデーションでなんとかコントロールできるとしても腕や足に塗った部分は浮いちゃいますね。

それをカバーしたのがナノ粒子(超微粒子粉体)です。白浮きしにくくなり、更に紫外線散乱剤としての効果もアップします。

紫外線散乱剤として使われている主な成分

  • 酸化チタン
  • 酸化亜鉛

塗り直しが必要なのはどちらも共通

紫外線吸収剤・紫外線散乱剤のどちらとも、1日中効果が続いてくれるわけではなく、効果を持続させるためには塗り直しが必要です。塗り直さなければならないのは同じですが、理由は全く違います。

紫外線散乱剤の場合はただ単に日焼け止め自体が汗で流れやすいからですが、紫外線吸収剤は化学反応を繰り返すことで反応するための吸収剤もどんどん少なくなっていくからです。

結論 どっちの日焼け止めを選べぶべき?

どちらの日焼け止めにもメリットとデメリットがありますので『絶対こっち!』と決め付けてしまうわけにはいきません。やはりその場面に応じて使い分けることが最適です。

普段遣いの日焼け止めは紫外線散乱剤の日焼け止めで十分です。

吸収剤が配合されているタイプは化学反応や酸化によって、シミやシワの原因にもなってしまいますし、1日中外にいるわけじゃないのなら散乱剤タイプの日焼け止めを塗り直したほうがお肌へ余計な負担をかけなくてすみます。紫外線吸収剤不使用と表記されている商品を選ぶと良いです。

 

ですが、海や山、アミューズメント施設などのレジャーで長い時間外に出ている場合は汗に強く効果も高い紫外線吸収剤タイプの日焼け止めが良いでしょう。散乱剤の日焼け止めは汗と一緒に流れやすいため、アウトドアには向きません。

いくらお肌に優しくても流れてしまっては何の効果もありませんし、成分自体が長持ちするものでも全く意味がありません。吸収剤だろうが散乱剤だろうが、どちらもお肌に負担がかかることに変わりはありませんし、紫外線を直接浴びてしまう方がもっとも負担で有害です。

どうしても吸収剤の化学反応が気になる方や、お肌が弱くて散乱剤の日焼け止めしか使えないという方には紫外線散乱剤タイプ(紫外線吸収剤不使用)の日焼け止めのうち、ウォータープルーフの商品をオススメします。商品としてはあまり多くはありませんが、汗に弱いという紫外線散乱剤のデメリットをカバーしてくれます。