美肌パズル

美容情報&コスメレビュー

効果アップ!紫外線対策したいときの帽子の選び方

紫外線対策 帽子 選び方

夏になると紫外線は年間で最大の量になります。紫外線対策のために帽子は欠かせません。ですが紫外線を防ぐ効果は帽子の色やデザインによって大きく変わるんです。

効果の高い帽子を選んで数年後のお肌を守りましょう! 紫外線カット効果の高い帽子の選び方についてまとめました^^

 

スポンサーリンク

UVカット効果の高い帽子の選び方

紫外線対策 帽子 選び方

UVカット加工されていない帽子でも、ある程度紫外線を防ぐことは出来ます。帽子を選ぶときに重要なのは色とツバの広さ。

では1つずつ見ていきましょう!

UVカット効果の高い色は?

たくさんある色の中で最も紫外線を通しにくい色は黒です。黒を筆頭に紺・赤・青など、濃い色ほどUVカットの効果は高くなります。

生地にもよりますが、黒の紫外線透過率は約10%、白だと約65%ですので、黒は約90%の紫外線をカットできるのに対して白は約35%しかカットできません。

 

白は反射率が高いので紫外線は通さないと思われがちですが、反射する以上に紫外線を通してしまうのでUVカット効果は低いそうです。

ただ、これは上から照らしている紫外線に限った数値なので、上にも書いたように反射や散乱による紫外線も防ぐためにはお肌を露出しないか日焼け止めなどでお肌に直接紫外線対策をすることになります。

飲む日焼け止めの気になる口コミとおすすめランキング

ツバの広さはどれくらいがいい?

ツバの広さはかなり重要です!ツバが7cm以上ある帽子なら紫外線の約7割をカットしてくれると言われています。

なるべくツバの広い帽子を選びましょう。

目の粗い生地?それとも細かい生地?

雨の日でも紫外線対策をした方がいいように、紫外線は光の中に含まれているので、光を通しやすい目の粗い帽子よりも生地の目の細かい帽子の方がUVカットには適しています。

夏に人気の涼しくてムレにくい麦わら帽子は、紫外線対策としてかぶるには力不足です。なるべく光を通さない、目が細かい生地の帽子を選びましょう。

サンバイザーでもいい?

帽子と似たものだとサンバイザーもありますよね。テニスやゴルフでもプロの選手の方が身につけていたりします。でもサンバイザーだと光や蒸れは防げますが、紫外線対策で使うのは少し頼りないです。

紫外線は壁や地面で反射したり空気中で散乱したりして、いろんな角度からお肌を狙うことができますので、カバーできる面積が狭いサンバイザーよりは帽子の方がUVカットには適しています。特に髪の紫外線対策にはなりませんね。

帽子にスプレータイプの日焼け止めをかけても大丈夫?

手持ちの帽子をUVカット効果の高い帽子に変える、もしくはUVカット帽子の効果を長持ちさせるために、日焼け止めスプレーを吹きかけるという方法があります。

ダメではありませんが、生地が変色してしまうことも考えられるので自己責任で行いましょう。まずは見えにくい部分で試してみると失敗は少なくて済むかもしれません。

【結論】最もUVカット効果の高い帽子の組み合わせ

最もUVカット効果の高い帽子の組み合わせ

  • 7cm以上あるツバの広い帽子
  • 生地の目がより細かいもの

ただ、これはUVカット加工がしてない帽子の場合です。帽子自体に始めからUVカット加工がしてあるものなら、色については気にしなくてもよくなります。

紫外線対策まとめ。日焼けより怖い光老化からお肌を守る方法

 

UVカット加工がしてある帽子なら色は気にしなくてOK!

紫外線対策 帽子 選び方

夏に黒ってなんか暑苦しいイメージありますよね…。イメージ通り、黒は紫外線を通さない代わりに熱も吸収するので熱いです。

逆に白は熱を反射するので、涼しさで言えば圧倒的に白の勝ちです。

UVカットを取るか涼しさを取るか…。って考えてしまいますが、帽子そのものにUVカット加工されている商品がありますので、新しく購入するときはUVカット仕様の帽子を選ぶと安心です。

日傘は色によって効果が変わる!?完全遮光の日傘ってどんなの!?

 

UVカットしてある帽子なら黒でも熱を通さないので熱くなりにくいですし、白い帽子でも高いUVカット効果を発揮します。紫外線透過率も0.5%ほどしか違わないそうですよ。

UVカット素材の商品を選ぶときに1つの目安になるのがUPFです。

UPF【ウルトラ バイオレット プロテクション ファクター】とは
衣類や帽子などの繊維製品に使われる紫外線カットの数値。SPFやPAと同じように紫外線カット効果を数値で表したもの。

『50+~40、35~25、20~15』の3段階あり、UPF50+が最高値。UPF40~50+で95%以上の紫外線をカットできる。

 

UPF50+以上の帽子でも1000円ぐらいからあるので、まずは1つ持っておくと安心できますね^^

UPF50+のUVカット帽子を探す
Amazon

楽天市場【UPF50+ UVカット帽子 一覧】

洗濯での効果減が気になる方は…

余談ですが、生地によっては洗濯のたびにUVカット効果が減ってしまうものもあります。

生地にする前の繊維の段階でUVカット効果のあるカーボンやセラミック、またはチタンなどを直接練りこんで作られている生地なら洗濯してもUVカット効果が急激に落ちることはないのですが、普通の生地で作ったものに上からUVカット加工をしたものだとどうしても洗濯で流れてしまいます。

 

どちらのタイプか書いてあれば分かりやすくていいのですが、そうでない場合は洗っていいのか迷ってしまいますよね。

帽子はしょっちゅう洗濯するものではありませんが、もし洗濯が必要になった時には洗うだけで紫外線を97%カットできるようになるというUVカット洗剤を使うといいですよ!

UVカット洗剤 通販はこちら
Amazon

楽天市場【ふぁーふぁ UVカット洗剤】