美肌パズル

美肌になる方法&コスメ効果口コミ情報

洗顔をするときの温度はぬるま湯がベスト。冷温洗顔にもデメリットが!

洗顔 温度
洗顔をするときのお水の温度でも美肌になれるかなれないかの分かれ道があります。熱すぎるお湯でもいけないし、逆に冷たすぎるお水もお肌にとっては刺激になってしまいます。

 

スポンサーリンク

お湯での洗顔はNG。お肌のバリア機能ごと洗い流してしまいます。

洗顔をするとき、どれぐらいの温度で洗っていますか?
夏前後は常温のままでも不快に感じることはそんなにないと思いますが、問題は冬などの常温のままでは冷たすぎてそのままの温度で洗顔をするのにためらいを感じる時です。

どうしても暖かいお湯を出してしまいますよね。

 

温度を調節することは構わないのですが、油汚れの付いたお皿をお水で洗うよりもお湯で洗い流した方が汚れ落ちが良いように、お湯の温度が高すぎるとお肌のバリア機能が溶けて、汚れと一緒に洗い流してしまいます。

お肌のバリア機能が低下してしまうと乾燥肌や敏感肌などの肌トラブルを招いてしまいますので、洗顔のさいは冷ためのぬるま湯で行うようにしましょう。

毛穴を引き締めてくれるという冷温洗顔の落とし穴

一昔前、女優さんは毛穴を引き締めるために真冬でも氷水で洗顔すると言われていましたよね。確かに毛穴を引き締めるということだけを考えたら即効性はあるのですが、持続性はありません。せいぜい30分で元に戻るのだそうです。

冷たすぎるお水で無理をして洗顔することは逆にお肌への刺激となりますし、毛穴を引き締めるからこそのデメリットも存在します。

 

洗顔はお肌の表面だけを洗えばいいというものではありません。毛穴の奥にある汚れまでキレイに落とせてこそ、本当の洗顔です。

毛穴を閉じてしまっては、毛穴の奥までキレイに洗うどころか、逆に毛穴の中に汚れを閉じ込めてしまうことになります。すると毛穴が詰まり、ニキビや毛穴の黒ずみ、脂性肌、混合肌などの肌トラブルを起こす原因になってしまいます。

その後のスキンケアをお肌の奥にまで浸透させることも難しくなってしまいますね。

 

毛穴を引き締めたいという気持ちは分かるのですが、健康な美肌のためにはまず汚れをしっかりと落とし、スキンケアを十分に浸透させることが大切です。冷たいお水での洗顔は、毛穴引き締めの持続性が少ない割に他への負担が大きすぎます。

毛穴の引き締めは他の方法で行うようにしましょう。