美肌パズル

美肌になる方法&コスメ効果口コミ情報

マツエクを長持ちさせるコツは!?ちょっとしたお手入れで持ちが変わります!

マツエク,お手入れ,長持ち,コツ

マツエクをすると目元が華やかになっていいですよね!つけまつげやマスカラをする必要もなくなりますから、メイクの手間が省けるのも魅力のうちの一つです。

さてそんなマツエクですが、少しでも長持ちさせるにはどうしたらいいのでしょうか? 実は日常のちょっとしたことを気をつけるだけで、かなり持ちが変わってくるんです。

 

スポンサーリンク

そもそもマツエクってどれくらい持つの?

マツエクというのは、専用のグルー(接着剤)を用いて自まつげに、人工毛を一本一本つけていくものです。・・・かなり細かくて根気のいる作業ですよね。

このマツエクはグルーの粘着力が弱くなってくると剥がれやすくなりますし、そもそも自まつげが自然に抜ければマツエクもいっしょに落ちてしまいます。

もちろん個人差やマツエクをしてもらうサロンで差もあるのですが、一般的にはマツエクは2~3週間くらいでほとんどボリュームがなくなってしまうと言われています。

 

なのでボリュームを維持するには定期的なメンテナンスが必要となるでしょう。常にまつげにマツエクがある状態にしたいのであれば、1ヶ月に1,2回はマストで通わなくてはいけません。1ヶ月以上放置していれば、マツエクが全く残っていないということもあるかもしれませんね(^_^;)

これも通っているサロンの方針によりますが、できれば数ヶ月に一回はマツエクをいったんすべてオフするというのも大切なようです。このあたりはサロンスタッフの方としっかりカウンセリングを行って、決めるようにしてくださいね。

 

クレンジングで使っていいもの・使わない方がいいもの

クレンジングアイテムのチョイスというのは、マツエクを長持ちさせる上でとても重要です。

あなたはどんなタイプのクレンジングを使っていますか? まずは、できるだけ使わない方がいいものを挙げましょう。それはクレンジングオイルです。

オイルはマツエクをつけているグルーを溶かしてしまうという性質があります。なので毎日のメイクオフで使ってしまうと、マツエクは剥がれやすくなってしまいます。

 

マツエクを付けている時のクレンジングは、できるだけリキッドクレンジングかジェルクレンジングを使用するようにしてみてください。

この2つのタイプはオイルフリーや油分が少ない商品が多く、マツエクがクレンジングによって取れてしまうリスクも低くなるでしょう。

 

ジェルは比較的洗浄力がやさしめなので、もし濃い目のメイクをしているというのであれば洗浄力高めのリキッドクレンジングを使うようにしてください。

ただリキッドの中でもオイルが入っているものがたまにあります。これを使ってしまうとオイルクレンジングと同じでマツエクがはがれやすくなってしまいます。なので購入するときには、オイルを使っていないかどうかをしっかり確認するようにするのがベストです!

 

メイクの仕方にもひと工夫入れよう!

マツエク,お手入れ,長持ち,コツ

続いてはマツエクを長持ちさせるアイメイクについてです。基本的には、マツエク自体がしっかり目元を強調してくれるので、マツエクをしている上からマスカラをしたりビューラーをする必要はありません。

マスカラやビューラーでマツエクに触れたり摩擦を起こすと、マツエクが落ちやすくなる要因にもなってしまいます。

ビューラーによる負荷というのはかなり大きいですし、マスカラを塗ったり落としたりすることもマツエクを不安定にすることに繋がるでしょう。なのでマツエクの上からのメイクは、基本的にしない方が良さそうです。

 

また、アイラインにも気をつけたいところです。筆タイプのアイライナーを使っている方は、できれば他のタイプのアイライナーに変えるのがいいかもしれません。

なぜなら筆タイプのアイライナーは、メイクしているときにマツエクの人工毛に引っかかってしまう恐れがあるから。人工毛はけっこうしっかりした毛質になっていて、アイライナーが比較的引っかかりやすいのです。

 

アイラインはできればジェルタイプやペンシルタイプを使うように心がけてください。

もちろん引っかからないように注意すれば筆タイプでもOKなのですが、メイクを急いでやる方やせっかちな方はペンシルなどの引っ掛かりにくい柔らかいアイテムを常用するのがベターと言えるのではないでしょうか。

 

アイブロウも慎重に・・・マツエクにかからないメイクを

アイブロウは基本的にどんなタイプのものを使ってもOKです。ただパウダータイプのものを使用している方は、できるだけマツエクの人工毛に粉がかからないように注意するようにしてください。

アイブロウのパウダーがマツエクのグルー部分に入り込んでしまうと、これもはがれやすくなる原因になります。マツエクの持ちを長くするためには、こういったちょっとしたメイクの仕方に気をつけることが重要です。

些細なことと思われるかもしれませんが、毎日の積み重ねを考えるとやはりアイブロウのパウダーがマツエクにかかってしまうのはよろしくありません。

 

マツエクを長持ちさせるコツ!なんと持続期間は1.5倍に!?

上記のことを意識しながら、マツエクを長持ちさせる習慣を身につけていきましょう!

濡れたまつ毛(マツエク)はしっかりと乾かす

まずは洗顔後など、まつ毛が濡れてしまった場合はしっかりまつげ全体を乾かすようにしてください。ドライヤーの冷風を利用して乾かすと、方向などが崩れないうちにサッと乾かせます。

この時、温風ではなく冷風を利用するようにしてください。温風だと熱でグルーを柔らかくさせてしまう恐れがあるため、抜けやすくなったり変な方向を向かせてしまったりということも考えられます。

なのでまずはしっかり乾かすということを、優先して行いましょう。

優しくブラッシング

そして乾いたら、マツエクがついたまつ毛をしっかりと優しくブラッシングするというのも長持ちさせるコツです。髪の毛同様、まつげも毎日一本一本ブラッシングすることできれいにキープできるようになります。

まつげ同士が絡まっていると、どうしても抜けやすくなってしまいます。ブラッシングをして、しっかりセパレートの状態を保つことでマツエクの持続期間は長くなっていくでしょう!

 

必要以上にマツエクに触らない

あとはマツエクになるべく触らないようにすることを心掛けてください。やはり摩擦というのがマツエクにとって大きな負担となるので、「触らない・擦らない」というのを徹底できればマツエクの持ちも変わるでしょう。

目が乾燥するとどうしてもこすってしまうことが増えますから、目元の保湿というのに力を入れるのもいいかもしれませんね。直接的な長持ち方法ではありませんが、目元の保湿は間接的にマツエクの持ちにも関わってきます。ぜひコツとして頭の中に入れておいてくださいね!

 

まとめ

以上がマツエクを少しでも長持ちさせるコツや注意点でした。難しいことは一つもありません、誰でもすぐに実行できるようなことばかりですね!

ただなかなかすべてを網羅するのはちょっと・・・という方もいるかもしれません。そんな方はできるところからはじめましょう。

ちょっとずつコツをマスターして、マツエクを最大限楽しめればいいですね♪