美肌パズル

美肌になる方法&コスメ効果口コミ情報

花粉症皮膚炎に効果絶大!青みかん『じゃばら』で症状改善!

じゃばら,青みかん,花粉症,肌荒れ

花粉症の対策として、みかんが花粉症の軽減に効果があると報告されています。

特に和歌山県北山村産のミカン『じゃばら』は花粉症に有効なダブルの栄養素で絶大な効果が!

通常の目や鼻にくる花粉症だけではなく、花粉症皮膚炎の方にも効果があるそうですよ^^

 

スポンサーリンク

みかんの皮や白い筋の部分に抗アレルギー効果が!

ミカンの果実そのものにもビタミンやミネラル、β-カロチンなど、お肌を強くするための成分が豊富に含まれていますが、花粉症の方は更に白い筋の部分やみかんの袋、皮まで摂取すると良いそうです。

みかんの皮や白い筋部分にはヘスペリジンという成分がたくさん含まれています。

ビタミンPであり、ポリフェノールの一種です。

 

このヘスペリジンには抗アレルギー作用があり、お肌の炎症を抑える効果があります。

もちろん花粉症による他の症状、鼻炎や目のかゆみにも効果的です。

ヘスペリジンは熟したオレンジ色のミカンよりも、熟す前の青いみかんの方に多く含まれてるそうです。

 

みかんの皮は今まで捨てるものだと思っていましたし、白い筋もキレイにむきたい方もいらっしゃると思いますが、花粉を始め、アレルギーのある方はぜひ食べる(飲む)ようにしてみましょう!

 

食べれない皮はドリンクに加工すると飲みやすくなります

じゃばら,青みかん,花粉症,肌荒れ

白いスジはなんとか食べられても、さすがに皮は食べられませんよね。

そんなときはドリンクにしてみましょう!

 

みかんの皮を天日干しして乾燥させ、細かく刻んで10gほどをマグカップなどに入れて熱湯を注ぎます。

それだけではまだ少し飲みにくいので、お好みでお砂糖やはちみつなどを入れて自分好みの味に調節してから飲むといいです。

 

特にはちみつは美容・健康効果も高いのでオススメです。

お砂糖よりも低カロリーですしね!1日に3杯ほど飲むといいそうですよ^^

 

特に効果があると話題のみかんは『じゃばら』という品種です

みかんに花粉症改善の効果があるといっても、みかんの品種によって効果に違いがあるようです。

なかでも特に効果があると話題のみかんは和歌山県の特産品『じゃばら』です。

金スマでも花粉に効く幻の果実として特集が組まれたほど注目度が高いそうです。

 

和歌山県北山村で作られている『じゃばら』というミカンには、ナリルチンという成分が豊富に含まれています。

ナリルチンはフラボノイドの一種で花粉症(特にスギ花粉)の症状を改善することに効果があります。

 

『じゃばら』と他の柑橘類を比較すると、ナリルチンの量は果肉だけでもカボスの約27倍、ゆずの約6.5倍もり、更に皮には果肉の6倍以上のナリルチンが含まれているそうです。

つまり、『じゃばら』には花粉アレルギーを抑えることに有効な成分であるヘスペリジンとナリルチンの両方が豊富に含まれているため、花粉症に対して絶大な効果が期待できるということですね。

 

メディアでも多数紹介されている人気のじゃばらジュース&じゃばらサプリ

金スマを始め、他のメディアでもたくさん取り上げられているため、今では『じゃばら』は花粉症の方に大人気です。

なかでも抗アレルギーに有効なヘスペリジンは熟したオレンジ色のミカンよりも、熟す前の青いみかんの方に多く含まれているそうです。

 

ですが青いみかんはすっぱすぎて食べづらいですよね。

せっかくの有効成分を最高の状態で無駄なく取り入れるために、『北山村産のじゃばら』を使ったじゃばらジュースやじゃばらサプリが販売されています。

北山村産すっぱくないじゃばらジュース
花粉の季節に!「北山村産のじゃばらサプリ。」