美肌パズル

美肌になる方法&コスメ効果口コミ情報

花粉による肌荒れにはどんな対策がベスト!?予防法もご紹介

暖かくなるにつれて気になってくるのが花粉にの存在・・・。花粉症の方はもちろん、花粉症ではないという女性も花粉には敏感にならざるを得ません。それは花粉が肌荒れにつながるからです。

花粉によって肌荒れしないためにはどういった予防法をとればいいのか。そして肌荒れを起こしてしまったらどんな対策をすればいいのか。そのあたりをしっかり勉強していきましょう!

 

スポンサーリンク

花粉による肌荒れの種類

肌荒れといってもどのような肌荒れを起こすのかは、その人それぞれです。一概に「花粉で肌はこんなふうに荒れていく!」とは定義しがたい部分があります。

一般的にはどのような肌荒れを起こすものなのでしょうか? まずは花粉によって引き起こされる肌荒れの種類を見ていきましょう。

いちばん多いのは「乾燥」

花粉がとぶ季節に肌荒れを感じる・お肌への悪影響を感じるという女性の中で、「乾燥」を実感している女性がもっとも多いということが化粧品会社の調査でわかりました。2014年に行われた、ドクターシーラボのアンケート調査です。

この調査によると、60%以上もの女性が花粉の季節に今まで感じたことのないような乾燥を感じると回答されたそうです。花粉はお肌を乾燥させるものだということが、こういった調査からも明らかになっていますね。

 

もともと乾燥肌だという方は春先にはよりひどい乾きを肌に感じることでしょう。肌荒れがどうにもならないレベルになる前に、しっかり対策しておきたいところです。

かゆみ・痛みを感じる方も・・・

乾燥だけでなく、花粉による肌のかゆみや痛みを感じる方も少なくありません。「春になると肌が赤くなってかゆみを感じる」「肌がピリピリしてちょっと痛い」なんていう感覚、花粉の季節にありませんか?

こういった症状も根本には乾燥が大きく関わっているようです。なので花粉が大量に飛ぶような季節には、乾燥対策に力を入れることがいろいろな肌トラブルを回避するために重要になるのです。

 

どうして花粉で肌が荒れるのか?

花粉症の方にとって花粉は大敵かと思いますが、花粉がそこまで肌に大きな影響を与えるような印象はないですよね。どうして花粉がお肌に付着すると、さまざまなトラブルを誘発してしまうのでしょうか?

花粉が舞う季節になる前に、まずはお肌と花粉の関係性というものを熟知していきましょう。いろいろな情報を頭に入れてから対策を知ると、スムーズに事が運ぶはずです。

花粉が毛穴をふさぐ

花粉は目に見えないくらい小さい粒子で、いつの間にか肌に付着してしまいます。この肌についた花粉の粒子が知らず知らずのうちにわたしたちの毛穴を塞いで、それによってお肌の排泄行為が阻害されるのが肌荒れの原因といわれています。

お肌の排泄行為というのは、汗をかいたり皮脂を分泌したりする生理現象のことを指します。こういったことが阻害されてしまうと、お肌は正常な機能ができなくなって肌荒れを起こしてしまうのです。

 

このような花粉による阻害は、ニキビの形成や吹き出物の多発といった症状として肌に現れていきます。春先になるとニキビや吹き出物が出る傾向にある方は、花粉対策をぜひ実施してください。

花粉は「乾燥」の直接の原因にはならない?

花粉の季節に肌の乾燥を感じる方は多いですが、実は花粉そのものが肌の乾燥を引き起こしているというわけではないようです。それではなぜ花粉がとぶ時期になると肌の乾燥を感じるのでしょうか?

それは花粉によって鼻水が出たりすることで、鼻をかむ機会が増えるため鼻周りが乾燥しやすくなる・・・というのがまず一つ原因として挙げられます。

 

過度な花粉症の方でなくても、やはり花粉の影響で鼻をかむ機会というのは増えていきます。これによって肌は乾燥しやすくなっていつのまにかボロボロ・・・なんてことにもなりうるのです。

また花粉をブロックするためにマスクを一日中しているという女性もいるでしょう。こういった方にありがちなのが、マスクによる摩擦で肌が乾燥するというケースです。

 

自覚はないかもしれませんが、マスクは口が動くたびにズレて摩擦を引き起こします。これによって肌が擦れて、乾燥を引き起こすことも大いにありえるのです。マスクを多用しているとう方は、マスク由来の乾燥にも気をつけましょう。

 

紫外線が原因ということもある!

花粉が増える季節になってきて、肌の乾燥が花粉によるものだ!と決めつけている方はいませんか? もちろん乾燥も肌荒れの原因になりうるのですが、春先にはそれ以外にも諸悪の根源になりうるものがあります。

それは紫外線。紫外線は暖かくなるととたんに照射量が増えて、わたしたちの肌を傷めてつけていきます。冬の感覚のままなにも紫外線対策しないでいると、すぐに肌荒れを引き起こしてしまいますので注意してくださいね。

 

自分の肌荒れが花粉によるものなのか紫外線によるものなのか、しっかり見極めてから対策に移るというのも大切です。後述する花粉対策をしても肌荒れが改善しないという方は、紫外線が原因になっている可能性がとても大きいと思います。

 

花粉による肌荒れを防ぐ!予防方法はこれ

まずは花粉でお肌を傷めないようにする予防方法を実施していきましょう。

食生活の見直し

花粉による肌荒れを防ぐためには、食べるものに気をつけるというのがまず第一に試して欲しいことです。食べるものを改善していけば、お肌の状態はよくなって花粉の影響を受けにくくなっていきます。

おすすめはビタミンAを含む食材を積極的に食べることです。ビタミンAはお肌や粘膜を守る働きをもつ栄養素、しっかり摂取していればお肌のバリア機能を向上さることにもつながっていきます。

 

花粉の影響をダイレクトに受けないためにも、お肌のバリア機能を正常に保っておくことはとても重要です。もちろんスキンケアでもブロックはできますが、体の内側からも花粉をガードできるような環境を作り出していきましょう。

そしてビタミンBやビタミンCも花粉の季節に肌荒れを引き起こしにくくする栄養素です。前者は免疫機能を向上させて、後者は美肌を作り上げるもととなる栄養素になります。

 

ビタミンは野菜やフルーツに多く含まれますが、なかなか摂取するのが難しい栄養素となっています。忙しくて食生活が乱れがち・・・という方はサプリメントのチカラに頼ってもいいかもしれませんね。

マルチビタミンなどのサプリメントを毎日飲む習慣をつけられれば、花粉に負けない強くて美しいお肌を作り上げることができるでしょう!

花粉をこまめに払うこと

花粉は肌に付着してしまうこと自体がNGなのではなく、付着したまま放置してしまうことがいけないのです。つまり裏を返すと、花粉が肌についてしまっても払えば肌荒れしにくいということになります。

花粉が多い季節になったら、面倒ではありますがこまめに付着した花粉を払う・もしくは取り除けるようにしておきましょう。長時間肌に乗ったままの状態というのがいちばんダメなことです。

 

最近は市販のものでも花粉を流してくれるスプレーなどたくさん販売されています。そういったものを上手に利用すれば、目に見えない花粉もお肌から取り払えるのです。

出先から家に戻ってくるときには、玄関先で花粉を払うというのも大切。髪が長い人は髪の毛に付着しているということも多いでしょうから、髪をとかしたりしてから家へ入るというのもおすすめの方法になります。

 

そして帰宅したらできるだけ早くクレンジングや洗顔をするとなおよしです。お肌に付着した花粉をはなるべく早めに流してしまいましょう。

 

肌荒れを最小限にする対策とは?

上記のような予防法に加えて、肌荒れを起こしてしまったときの対策もご紹介しておきましょう。いろいろな対策がありますが、すべて網羅できなくてもOKです!

自分にあった方法を生活の中に取り入れて、できるだけ肌荒れに悩まないようにしていってください。花粉が増える前に、できるだけ事前準備ができているとなおよしです。

花粉症を和らげるアロマ

花粉症のせいでお肌が乾燥を引き起こしてしまっている方は、まずは花粉症を和らげるように対策していきましょう。アロマを普段から取り入れているようであれば、花粉症に効果のあるアロマを炊いてみてください。

ティーツリー・ユーカリー・マートル・ペパーミント・カモミールなどは、花粉症を解消してくれるような効果があるといいます。ハーブティとして飲むのもいいかもしれませんね!

 

精油を購入して、お風呂に入れるというのも花粉症対策としてはおすすめです。アロマバスにゆっくりつかって一日の疲れと花粉症の症状を流していきましょう。

スキンケア

花粉の季節に肌荒れを感じるという方は、やはりお肌のバリア機能が低下していっています。できるだけスキンケアでこのバリア機能をサポートしてあげることが、さらなる肌荒れを引き起こさないキーになってくるでしょう。

同時にスキンケアにおいて摩擦を増やさないというのも大切です。スキンケアでお肌をゴシゴシとこすってしまうと、余計に肌荒れを起こす要因を増やすことになってしまうのです。

 

花粉症の時期におすすめなのは高性能のオールインワンジェルです。オールインワンジェルはひとつで化粧水・乳液・クリーム・美容液の役割を果たしてくれる優秀なアイテム。

オールインワンジェルでスキンケアをすますことができれば、余計な摩擦を起こさずにお肌のバリア機能を高めることができます。これが花粉の季節にオールインワンジェルがおすすめな理由です。

 

オールインワンジェルにもいろいろな種類がありますが、あまり安い商品を購入しないようにしてください。できるだけ高品質なものを使うのが、肌荒れを防ぐポイントになってきますよ!

バリア機能を高める美容成分としてはセラミドが有名ですね。セラミドを豊富に含むオールインワンジェルをチョイスするのもいいかもしれません。