美肌パズル

美容情報&コスメレビュー

花粉症皮膚炎の原因はお肌のバリア機能の低下にもある

花粉 肌荒れ 原因

花粉が原因でお肌がアレルギー反応を起こしてしまう花粉症皮膚炎ですが、実は症状を更に悪化させてしまう原因があります。

アトピーや乾燥肌など、お肌の弱い方が症状が悪化しやすいのはこのためです。

 

スポンサーリンク

花粉症皮膚炎を悪化させる原因はお肌にもあります

花粉症皮膚炎はその名の通りお肌の花粉症なので、大元の原因はスギやヒノキなどの花粉アレルギーです。

花粉が触れてしまうことでお肌がアレルギー反応を起こし、かぶれや痒み、カサカサや湿疹などの肌荒れとなってしまいます。

ですが、肌荒れの症状がひどい方には共通していることがあります。

 

本来、お肌には外敵から守るための機能があるのですが、花粉による肌荒れが悪化しやすい方は その『お肌のバリア機能』が低下している方が多いのです。

バリア機能が弱っているため、お肌を守り抜くことができずに、花粉をはじめとした外敵からの刺激を受けやすくなってしまいます。

肌荒れ解消のポイント!お肌のバリア機能が低下してしまう原因
資生堂アレルバリア エッセンスは見えない敵からお肌を守って育てる保護美容液!

 

お肌のバリア機能が低下してしまう原因に、水分と油分が足りていないことが挙げられます。

バリア機能はお肌の表面に張られた天然の保湿クリーム(保護膜)と、皮膚の最も表面にある角質層の間を埋めている角質細胞間脂質の2つから成り立っているのですが、そもそも花粉の季節である春先は水分と油分の崩れやすいため、第一のバリアである保護膜の十分な量を作る事が出来ません。

 

更に春は花粉の他にも気温が上がったり、黄砂やPM2.5が多かったりと、お肌にとって刺激の多い季節です。

そんな時にバリア機能が低下しているのですからアレルギーに対してお肌の抵抗力が弱くなっているとも言えます。

春のお肌はデリケート。スキンケアやインナーケアで気をつけたいこと

 

お肌を育てて強くするスキンケアでバリア機能を強化しよう!

本来、弱くなってしまったバリア機能を正常に戻すことは簡単ではないのですが、お肌のバリア機能を育ててくれると話題の商品があります。

赤ちゃんの肌荒れやアトピー向けに作られたファムズベビーという商品です。

 

お肌を守りながら育てるスキンケアで、ステロイドも入っていません。

それどころか赤ちゃんが舐めてしまっても大丈夫なように作ってあるほど安全なんだそうです。

ファムズベビーについてはこちらの記事を参考にしてください。

ファムズベビーでバリア機能を強化!肌荒れを治して健康なお肌を育てましょう