美肌パズル

美容情報&コスメレビュー

いちご鼻改善の糸口はクレンジング!?見直すべきクレンジング選びのポイントとは!?

いちご鼻,クレンジング

毛穴に皮脂や古い角質が角栓となって詰まってしまうとなかなか除去するのが難しく、いつの間にかポツポツと黒い斑点となって目立ってきますよね。鼻周りにできるとそれはまるでイチゴのように見えるのでいちご鼻と呼ばれます。

鼻周りは特に皮脂が多く詰まりやすい場所ですので、普段からこまめにお手入れをしないとすぐに角栓ができてしまいます。

そんないちご鼻のケア方法として、専用の洗顔料やパックなどさまざまな方法がありますが、毎日欠かさず使えてより効果的なものが実はクレンジングではないかという声が多くあります。

その効果やクレンジングの見直し・選び方から、いちご鼻改善におすすめのクレンジングまでをご紹介していきたいと思います!

いちご鼻におすすめのクレンジングランキングを見る

 

スポンサーリンク

いちご鼻を改善に導くクレンジングの選び方

まずは3つのポイントとともにクレンジングのアレコレを詳しくご説明していきます。

①メイクをしっかり落とせてる?

メイクが残ってしまうと毛穴詰まりの原因となるのは言うまでもありませんね。しかしメイクがしっかり落とせているかどうかは目で見てわかりにくいのが現実です。

 

参考までにメイクが落とせているか確認する方法を一つご紹介します。

コットンに化粧水を含ませて肌をふき取ってみてください。その際にコットンが汚れたり色がついたりした場合は化粧残りがあるということです。

 

また、メイクをしっかり落とすためにクレンジングを2回行ったり、ダブル洗顔不要のクレンジング後に洗浄力の強い洗顔料で洗顔をしたりしていませんか? これらはお肌にとっても毛穴にとっても良くありません。

ダブル洗顔というのは汚れをしっかり落とすという意味では良く思われがちですが、汚れ以外の必要な皮脂までも洗い流してしまうこともあります。

 

洗顔中は刺激等により毛穴が開きやすくなっており、その際になんども洗顔をしてしまうと毛穴奥の角質層を刺激して破壊してしまうのです。

 

肌のバリア機能である角質層が破壊されると、肌の水分を保てなくなり乾燥肌となります。コラーゲンやヒアルロン酸を作り出す機能も失われハリもなくなり毛穴がより一層開きやすくなります。

ダブル洗顔というのは化粧残りの毛穴詰まりを予防しようとして、さらに毛穴詰まりの原因を作ってしまうこともあるのです。しかしオイルやクリームでのクレンジング後はお顔にべとつきが残りますし、しっかり落とすのは難易度が高いかと思います。

 

最近ではダブル洗顔不要のクレンジングが人気を集めています。種類はいくつもありますがジェルタイプのクレンジングが多く、オイルやクリーム、リキッドに比べてベトつきが残りません。

メイク落としのクレンジング機能の他に通常の洗顔に必要な成分が含まれており、1度のクレンジングで全てが終わります。顔にかかる摩擦のダメージも半分になり、乾燥も防いでくれます。

 

気になる洗浄力は…商品によってマチマチです。やはり安価なものだとウォータープルーフのマスカラが落ちにくいなどの話もあります。購入の際はネットなどでの口コミサイトを参考することをおすすめします。

せっかくダブル洗顔によるダメージを防げたのにメイクが残っていては台無しです。洗浄成分や口コミを参考により良いダブル洗顔不要のクレンジングを選んでみてください。

②洗浄力は強すぎない?弱すぎない?

メイクを落とすクレンジング選びはとても重要です。オイルやリキッドのクレンジングは洗浄力が強いと言われています。理由としては界面活性剤(※)という洗浄成分が多く含まれていることです。

クリームやミルクタイプは配合量がオイル・リキッドと比べ少なく、油分が多く入っているため摩擦による刺激が軽減されるため肌には優しいタイプですが、メイクが残りやすいので毛穴トラブルは改善しにくいです。

 

オイル・リキッドタイプはメイクとの馴染みが早いため時間をかけて洗う手間が省けます。手間が省けるだけでなく、クレンジングに時間をかけないというのは擦り過ぎなどによるダメージを軽減できるため、摩擦という観点から見るとお肌にとって優しいものです。

ですがやはり洗浄力が高すぎるとお肌に本来必要な油分まで奪ってしまうことになりますので、自分のお肌やメイクの濃さと相談して選ぶようにしましょう。クレンジング後にお肌が突っ張ってしまうのは乾燥している証拠です。

※界面活性剤について
クレンジングで欠かせない界面活性剤はよく肌に悪いという話を耳にしますが、界面活性剤にも種類があり、すべての界面活性剤悪いというわけではありません。

界面活性剤は、通常混ざりあうことのない水と油を混ぜ合わせ馴染ませる働きがあり、そうすることで汚れを浮かせて落としやすくしてくれます。この成分はクレンジングや洗顔料はもちろんのこと、シャンプーやファンデーションなどにも含まれています。

 

その界面活性剤のなかでも特に注意が必要なのが石油系合成界面活性剤です。石油系合成界面活性剤は肌のバリア機能である角質層までも壊してしまうほどの力があります。それが原因で肌が乾燥し毛穴が開き、毛穴詰まりも発生しいちご鼻にもつながります。

最近ではこれらに代わる上質な成分を含んだクレンジングがたくさん出ています。洗浄力だけで選ぶなら界面活性剤などの成分にこだわる必要はありませんが、肌のことを考えいちご鼻などの毛穴トラブルの改善を考えるのであれば、そういった部分にこだわって選ぶことも大切かと思います。

③メイクオフするときお肌を指でこすってない?

上記でも少し触れましたが、クレンジングや洗顔による摩擦というのは肌にダメージが大きい行為です。特に鼻周りというのは皮脂が多くある場所ですし、角栓が出来ないようにと特にゴシゴシとこすり洗いしている方は多いのではないでしょうか。実はそれが余計に悪化させてしまうこともあるのです。

洗顔中は手の温度や洗顔料の影響で毛穴が柔らかくなり開きやすくなります。そこでゴシゴシとこすってしまうと毛穴を広げて締まりにくくしてしまいます。

せっかく綺麗にした毛穴も締まりが悪いとすぐに皮脂などにより詰まりが発生してしまいます。こすらずに汚れを浮かせて落とせるクレンジングが重要となります。

 

オイルやリキッドの定番タイプは表面の汚れ・メイクはすぐに浮かせられますが、いちご鼻などの元となる毛穴奥まで洗浄するには指でこすって馴染ませる必要があります。

ジェルタイプだとオイルなどの違って流れ落ちる心配がないのでのせるようにして馴染ませることができます。厚みもありますので優しくマッサージするようにするだけで馴染みます。こすらずに馴染ませることができるクレンジングは毛穴ケアに欠かせないポイントです。

 

次はいちご鼻におすすめのクレンジングをランキングでご紹介します!

いちご鼻の改善におすすめのクレンジングランキング

クレンジング選びのポイント等をご紹介してきましたが、いちご鼻を改善へ導く毛穴ケアに最適なクレンジングを見つける参考になりましたでしょうか。

次にいちご鼻の改善におすすめのクレンジングをランキングにして、商品の詳細も含めて発表します!

第1位 リ・ダーマラボ モイストゲルクレンジング
リダーマラボ,モイストゲルクレンジング,口コミ

毛穴専用の美容液クレンジングとして、口コミサイトでも評価が高く人気を集めているリ・ダーマラボのモイストゲルクレンジング。プルプルとしたやわらかいこんにゃくスクラブが含まれており、それが毛穴奥まで入り込み汚れや古い角質を吸着して綺麗に仕上げてくれます。

毛穴詰まりによるくすみも改善され、肌の透明感がアップします。

いちご鼻の改善に最適なダブル洗顔不要のクレンジングで、洗浄力の高さも人気の秘訣です。また、99.3%美容液成分で作られており洗い上がりはつっぱることなくしっとりとした仕上がりに。

42種類もの美容成分配合で、弾みハリ・みずみずしさ・クリアで明るい肌・ツヤをあたえてくれます。

\リ・ダーマラボ 実質半額キャンペーン中/
詳しくはこちらのキャンペーンサイトで

気になる方はこちらもチェック!

第2位 マナラ ホットクレンジングゲル
197864_xl

日本一売れているホットクレンジングとしてネットや雑誌で話題の「マナラ ホットクレンジングゲル」。メイク落としと美容液を掛け合わせたダブル洗顔不要のクレンジングジェルです。

毛穴に効果的だと思えるのは「ホット」であることと「ジェル」であること。ジェルを肌に優しくなじませるだけでそのあたたかさによって角質層から柔らかくなり、毛穴が開きメイク残りや汚れ・古い角質を絡みとってくれるだけでなく、数種類の美容成分により毛穴の奥から潤いをあたえてくれます。

コラーゲンサポート成分によりターンオーバーの乱れで失われたコラーゲンを補い生成を促進し、ハリ・弾力のある肌に仕上げてくれます。

 

石油系合成界面活性剤や着色料、エタノールなどの肌に悪いとされる成分を排除し肌に優しい無添加にこだわった製品となっています。

口コミサイトでの評価も高く、特に毛穴に対する効果には多くの方が驚かれるほどのものだそうです。

ホットジェルなのでマッサージ効果も期待でき、代謝をアップさせ毛穴詰まりなどが原因で失われつつある本来のバリア機能を回復させる効果も期待できそうです。

\プレゼント付きモニター価格実施中!/
キャンペーンサイトはこちら

第3位 DUOザクレンジングバーム
DUOクレンジングバーム

黒ずみ毛穴や乾燥、肌老化を徹底的にケアするクレンジングとして話題の「DUOザクレンジングバーム」です。非常に小さい成分が毛穴の中までしっかりと入り込み、ソフトスクラブ効果で毛穴を優しくお掃除してくれます。

DUOに含まれている界面活性剤は「グリセリン」という洗浄力のないタイプ。つまり乳化剤として使用されている皮脂成分で、安全性も高いそうです。ダブル洗顔不要という点も、お肌に余計な負担をかけなくて◎

 

これ1つで【クレンジング・洗顔・トリートメント・老化角質ケア・マッサージケア】の5つの役割を果たしてくれるそう。さらに保湿成分を30種類以上配合していることでお肌の乾燥も防ぎます。

毛穴ケアで重要な洗浄&保湿の条件をクリアしたクレンジングです。

\初回半額キャンペーン中!サンプルセットのおまけ付き!/
キャンペーンサイトはこちら

気になる方はこちらもチェック!

第4位 肌ナチュール リッチモイストクレンジング
205638_xl

炭酸パックができるというW洗顔不要の炭酸美容液クレンジング。炭酸の泡で出てくるクレンジングで、肌にのせただけでファンデーションを浮き上がらせてしまうほどの洗浄力。炭酸がほどよい刺激となり肌を柔らかくし毛穴を広げて汚れや古い角質をしっかり洗い流してくれます。

またヒアルロン酸やコラーゲン、高濃度のプラセンタなど美容成分をたっぷり含んでおり、炭酸によって開いた毛穴に入り込むため毛穴奥の角質層まで届けることができます。そのため洗顔後は潤いのあるしっとりとした肌を実感することができます。

メイクを落としたあとにもう一度気になる箇所にのせることで炭酸パックをすることができ、いちご鼻のような頑固な毛穴詰まりも改善へ導いてくれます。

 

53種類もの国産の自然派美容成分を配合しているため、敏感肌や乾燥肌の方にも使いやすく、日本人の肌に合わせて開発された製品です。使用された方は、引き締まった肌とハリ・潤いに大変驚くようです。

炭酸を使用したクレンジングはとても珍しいものかと思いますが、炭酸水を使用した毛穴パックなどは以前から人気があります。炭酸の力はこれからもっと見直されていくのではないかと思います。

\初回モニター限定2000円オフ!/
キャンペーンサイトはこちら

いちご鼻改善の第一歩はクレンジングから!?クレンジングを見直してみましょう!

今お使いのクレンジングはどのようなものでしょうか。クレンジングと言ってもオイルやジェルと言った定番のものから、ふき取りタイプや泡タイプ、スクラブ入りの物など数えきれないほどたくさんの種類があります。

その全てがいちご鼻改善の糸口となるわけではありません。定番の何種類かを例にあげて、その洗浄力や毛穴に対する効果などを比較してみたいと思います。

クレンジングオイル×いちご鼻
オイルクレンジングはクレンジングの中でも1番メジャーで人気も高いタイプです。人気の理由は洗浄力にあるかと思います。

オイルクレンジングには界面活性剤を大量に含んでいるものが多く、頑固なメイクもしっかり落とすことができます。この洗浄力は毛穴にも効果はあるようで、黒ずみがなくなったという口コミも良く聞きます。

しかしこれは一時的なものが多く、その強力な洗浄力は使うたびに必要な皮脂までも洗い落としてしまい、肌の潤いを奪ってしまうのです。潤いがなくなった肌はターンオーバーが乱れ、結局は毛穴詰まりの原因となります。

 

また界面活性剤などは肌を傷つける原因ともなるので、使い続けることによってクレンジング自体がいちご鼻のような角栓詰まりやニキビなどの毛穴トラブルを招くおそれがあるのです。

最近では肌に優しい成分を配合したオイルも発売されていますので、すべてがお肌に良くないというわけではありませんが、オイルクレンジングを購入の際は成分をしっかり確認しておくことが大切かと思います。

クレンジングジェル×いちご鼻
クレンジングジェルの特徴としてはお肌に伸ばしやすくメイクにも馴染みやすい、オイルと違ってべとつきが少ないことです。

ジェルタイプは水性と油性の2タイプがあり、水性ジェルはよりさっぱりとした仕上がりを感じることができますが、洗浄力はいまひとつです。敏感肌の方にはおすすめです。

 

油性ジェルは水性よりも洗浄力があがりさっぱりした仕上がりも感じることができるため、ジェルクレンジングでは優秀なタイプです。しかしその分商品のお値段がぐんと上がることが特徴でもあります。

クレンジングローション(水クレンジング)×いちご鼻
オイルよりもサラサラとした水のようなクレンジングです。手で顔全体に馴染ませるには結構な量が必要で、手から流れ落ちてしまうため使いにくいと感じる方も少なくありません。

コットンにつけてふき取るタイプが主流で、旅行先などでとても活躍します。

 

洗浄力は高めですが、アルコールを含んでいるものが多いので敏感肌や乾燥肌の方は要注意です。アルコールは肌を乾燥させてしまうので、使用後はしっかりと保湿を施さなくてはいけません。

また、毛穴奥まで入り込みにくいのでメイクが毛穴に詰まらないように予防することはできますが、すでに詰まってしまった角栓等を除去するのは難しいかと思います。

クレンジングクリーム・クレンジングミルク×いちご鼻
クリームタイプは油を乳化させ水と馴染ませて作られます。美容成分を含ませているものも多く保湿効果もあるので敏感肌・乾燥肌の方にも負担が少ないクレンジングです。

ローションよりも肌になじみがよく、毛穴奥にも入り込みやすいため、毛穴洗浄に一役買ってくれます。

ですがクリームクレンジングは意外に界面活性剤が多く含まれていますし、ミルククレンジングは最も洗浄力が弱いため、メイクの濃さなどによってはしっかりと落としきれずにメイク料がお肌に残ったままになって逆に肌トラブルを招いてしまう場合もあります。

以上4タイプを例にあげてみましたが、今お使いのタイプはどうでしたでしょうか。毛穴ケアができるクレンジングは日々どんどん増えています。今の肌状態を見極めてご自分に合ったケア商品をぜひ見つけ出してみてください^^

いちご鼻におすすめのクレンジングランキングに戻る