美肌パズル

美肌になる方法&コスメ効果口コミ情報

頬のたるみを解消して小顔美人へ♪簡単たるみ撃退エクササイズをご紹介!

頬,たるみ,エクササイズ,ポリバケツ体操,舌回し,ベロ回し,顔ヨガ,ストレッチ

頬のたるみは女性にとって大敵です。頬がたるむとまず単純に老けて見えてしまいますし、顔が膨張して見えて太って見えることもあります。このようなたるみは事前に防止したり、普段から解消するような努力をしておく必要があるでしょう。

そこで今回は誰でも簡単にできるたるみの撃退方法をご紹介します! 「ポリバケツ体操」というユニークなものから、最近流行っている顔ヨガまで幅広い方法があるんですよ^^

ぜひご自身に合ったたるみ解消のメソッドを見つけてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

そもそも頬がたるむのはなんで?

頬がたるんでしまうことの大きな要因は、まず加齢が挙げられます。これは頬に限ったことではないですが、人間の細胞というのは年をとるにつれて劣化していってしまいます。

皮膚の深層ではコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を作り出す「線維芽細胞」というものが存在しているのですが、具体的にはこの線維芽細胞が劣化することによってたるみがうまれていきます。

要は肌をピンと張ってキープするような弾力性が失われていってしまうんですね。これはもう生理現象なのでしかたがありません。遅かれ早かれ、どんな女性にでもやってきてしまう宿命とも呼ぶべき現象なのです。

 

さてこの老化現象を食い止めるためにも、たるみ対策を行っていかなければなりません。詳しい方法は下記で紹介しますので、いろいろ試してみて下さい。

これに加えて、頬のたるみを少しでも食い止めるような生活習慣をしていくこともおすすめです。

 

人の細胞は乱れた生活習慣を続けてしまうと、加速の一途をたどっていきます。偏った食生活・睡眠不足や睡眠の質の低下・運動不足・喫煙などなど・・・こういった生活習慣があると、肌の老化からくるたるみというのもどんどん進んでしまいます。

ですからこのような生活習慣に心当たりのある方は、そのあたりもなんとか改善していくように努めていきましょう!

 

たるみ解消方法①ポリバケツ体操

それでは具体的に頬のたるみを解消する方法を見てみましょう。まずは「ポリバケツ体操」です。タイトルからしてユニークな雰囲気が醸し出されていますが、本当にバケツを使うわけではありません(笑)

何がポリバケツなのかというと、この「ポ・リ・バ・ケ・ツ」の5文字をはっきり発声することで頬に刺激を与えることができてその結果筋肉が鍛えられるのです^^

ポリバケツ体操

  1. 大きく口を開けて発声する準備をする。
  2. 「ポ・リ・バ・ケ・ツ」と大きくゆっくり発声する。
  3. この5文字を10~20秒くらいかけて、ゆっくり発声する。

 

ポイントは大げさに顔をつくること。声自体はそこまで大きく出さなくてもOKなのですが、このポリバケツの発声するときの口周りは大げさにつくっていきましょう。

朝起きてすぐや会社や学校の休憩時間など、スキマ時間を利用していつでもどこでもできるので大変おすすめです! ちなみにお風呂上りにやると、肌の細胞や菌にが柔らかくなっているのでやりやすいです。

 

この「ポリバケツ体操」は頬のたるみを解消するだけでなく、二重あごの改善にもつながっていきます。体は太っていないのになぜかアゴだけ立派な脂肪がついてしまっている・・・という方は、毎日ポリバケツ体操をしてアゴを頻繁に動かしていきましょう。

一回に実施する時間や回数は少なくてかまいませんから、できるだけ毎日続けられるようにしてください。量よりも継続が大切ですよ!

 

たるみ解消方法②ほうれい線も改善!ベロ回し運動の効果

舌を口の中で動かすことによって、口周り全体のハリが蘇るような運動もあります。やり方はこちら。カンタンなので今すぐにでもやってみましょう。

舌回し・ベロ回し

  1. 口を閉じたままで舌を歯の表面に沿うように回すようにします。
  2. 左回りに20回行って・・・
  3. 終わったら次は右に20回回していきましょう

これだけです!ベロを口の中で回すだけなので場所を選ばずできるのもいいですよね。(ただ、人前でするのは少し恥ずかしいです。笑)

これを1日に3セットほど行えば、深く刻まれてしまったほうれい線も薄くすることができるかもしれません。同時にたるんできた頬も鍛えられて、ハリが戻るようになるでしょう。

このようなほうれい線・頬のたるみ撃退効果以外にも、ベロ回し運動には嬉しい効果があります。そちらも少しご紹介しておきますね^^

顏の歪みを解消する
舌を左右にバランス良く回すという運動は、顔の歪みを整えてくれる効果もあるんです。舌を動かすことで顏の筋肉がしっかり連動していくので、均一がとれてきます。

普段の生活において、気をつけているつもりでもやはり左右にかかる負荷というのはどちらかに偏っているということが多いです。そんな偏りをリセットする意味も込めて、舌回し運動をしてみてください。

顏が歪んでいると、実は体にとって悪影響なことが増えていきます。偏頭痛を引き起こすこともありますし、血行不良にもつながっていきます。

第一、顔が歪んでいては他人からの印象も決してよくありませんよね。舌回しで歪みをとっていきましょう!

口臭予防
意外かもしれませんが、ベロを回して口周りの運動量を増やすことによって口臭をなくすことができるのです。

舌を回すと口腔内の唾液がドバドバと出てきます。唾液の分泌量が増えることによって、口臭が減りさらに歯周病予防にもなるようです。

唾液は食べたものを消化する手助けもしてくれますから、口臭予防に加えてダイエット・便秘解消にもなくてはならない存在です。舌を回して運動量を増やして、唾液を増やすように普段からっ頃がけていきたいですね。

 

たるみ解消方法③顏ストレッチ・顏ヨガで顏をほぐす

顔ヨガは最近流行しているアンチエイジング方法です。そもそも顔ヨガを発案したのは、顔ヨガ講師の間々田佳子先生という方。間々田佳子先生は自分の顔を研究台にして様々な顔ヨガや顔ストレッチを考案してきました。

間々田佳子先生自信の顔ヨガ前と後の「ビフォーアフター写真」を見ると、その効果は一目瞭然です!かなり頬のたるみに効果があるんだな~と実感させてくれます。

さて肝心の顔ヨガ実践方法ですが、いくつかのポーズをご紹介していきましょう。基本的に顔ヨガは体のヨガといっしょで、「ポーズをしたら数秒間停止する」というのが望ましいです。

くちゃくちゃおばあさんのポーズ
まずは顔の血行を促進していきましょう。

  1. 顔の中心を意識して、そこに全てのパーツを集約させるようにキュッと皮膚を寄せます。
    「梅干しを食べたあと」や「くちゃくちゃ顔のおばあちゃん」のような顔になるかと思います。
  2. できれば口もすぼめて、目もぎゅ~~っとつむりましょう。これによって顔全体の血行が促進されて、ヨガのポーズがより効果的になります。「顔ヨガにおける準備体操」のようなものだと思ってもらえればいいでしょう。

三角舌のポーズ
次は舌を出すようなポーズです。

  1. 姿勢を正してゆっくりと頭を後ろに倒していきます。
  2. 天井を見上げるような形になったら、のどが十分に伸びる感覚で、下を突き出します。背骨と喉と舌が一直線になるようなポーズが理想的です。舌の付け根に負荷がかかってるな~と感じられればなお良しです!
  3. 鼻呼吸をキープしながら、その姿勢を10秒ほど保ってください。若干きついかもしれませんが、我慢です。これによって二重あごの改善ができますし、頬がほぐれてストレッチされていきます。

ムンクのポーズ
最後は「ムンク」のような表情をキープして、顔ヨガをフィニッシュさせましょう!

  1. 口を「お」の字にしてそこから目線を上げる+鼻の下を下に引っ張るようなポーズにします。これによって鼻や頬が上下に引っ張られるような感覚になるかと思います。
    この時、おでこにシワができないように注意です!おでこにシワができるとそれが定着してしまう恐れがありますので気をつけてくださいね!
  2. 10秒間キープ
  3. 5回ほど繰り返して行うと頬のたるみがキュッと引き締まっていくでしょう。

目周辺のむくみも解消されますので、普段から顔がむくみやすいという方にもおすすめできる顔ヨガのポーズです。

ムンクのポーズはかなり個性的な顔になってしまうので、できれば周囲に人がいないときにやった方がいいかもしれませんね(笑)

 

顔ヨガによる若返りを期待しよう!

基本的に顔ヨガは、顔全体を使ってやるものなので頬のたるみ以外にも効果を発揮することができます。顔には表情筋という筋肉が存在していて、ここを鍛えることによって肌のリフトアップにもつながっていきます。

普段怒ったり笑ったりすることでも表情筋は動きますが、それだけではなかなか若返りが期待できるような鍛え方はできません。なので顔ヨガや顔ストレッチをして、意識的に表情筋を鍛えることがマストになります。

できれば毎日、数分でいいので顔ヨガに費やす時間を設けてみてはいかがでしょうか!?

 

まとめ

頬のたるみを放置しておくと、加齢や生活習慣習慣によってどんどん深刻化していきます。残念なことに、一度起こってしまったたるみは普通に生活しているだけでは改善しないのです。

能動的に顔を動かすことによって、筋肉が鍛えられて顔の血行も良好になっていきます。これらがアンチエイジングやリフトアップにつながり、たるみも解消されるのです。

 

今回ご紹介した方法、どれでもかまいませんのでまずはトライしてみましょう。目安は終わった後に顔に少し火照りや疲労感を感じる程度。それくらいやれば、しっかり肌や肌の深層にある筋肉に効いているという証拠になります!

スキンケアも大事ですが、このような肌に運動という名の負担をかけていくこともものすごく重要です。どちらも頬のたるみを解消するのには必要なこと。ダブルでたるみを撃退していきましょう!