美肌パズル

美肌になる方法&コスメ効果口コミ情報

敏感肌にはクレンジングミルク?ミルククレンジングが低刺激とは限らないよ

クレンジングミルク,敏感肌

お肌の弱い方や肌荒れを起こしているお肌には、比較的 界面活性剤の量が少なくお肌にも優しいミルクタイプのクレンジングが良いと言われています。

しかし、お肌に優しいから、肌荒れしているからといって絶対にミルククレンジングじゃなきゃいけないのかというと必ずしもそうではありません。

 

スポンサーリンク

ミルククレンジングのメリットとデメリット

クレンジングミルクはクレンジング料の中で最もお肌に優しく、刺激も負担も少ないクレンジング料ですが、『お肌に優しい』という最大のメリットの裏に隠された2つのデメリットも存在します。

 

【メリット】クレンジングの中で最もお肌に優しい

クレンジングミルクの最大のメリットはやはりクレンジングの中で最もお肌に優しいということです。

他のクレンジングと比べて界面活性剤の量が少なく、洗浄力も弱いので、お肌への負担は最も軽いです。

ただ、だからこそのデメリットが次のことです。

 

【デメリット①】メイクが落としづらい

先程も言った通り、クレンジングミルクは他のクレンジングと比べて界面活性剤の量が少なく、洗浄力も弱いのでお肌に優しいクレンジングとして知られています。

ですが、洗浄力の弱さがアダとなって ポイントメイクはもちろん、リキッドファンデーションやクリームファンデーションのようにお肌への密着性の高いファンデーションを落とすことは少し無理があるように思います。

 

ナチュラルメイクの方にとっては最高のクレンジングかもしれませんが、しっかりとメイクをしている方にとっては逆に肌荒れを起こしてしまう原因にもなってしまうため、不向きです。

どうしてもクレンジングミルクを使いたい方はファンデーションだけでも薄づきのタイプに変えるべきでしょう。

 

【デメリット②】ダブル洗顔が必要

クレンジングには『ダブル洗顔は必要ありません』ということを売りにしている商品が多数存在しますが、クレンジングミルクは基本的にダブル洗顔を必要とするものが多いです。

というよりも、個人的にですがダブル洗顔不要のミルククレンジングを見たことがありません。

 

ダブル洗顔が必要ということはクレンジングの後に洗顔をしなければいけません。

そうなると、お肌に刺激を与えてしまう機会が増えてしまいますよね。

 

クレンジング料と洗顔料の2種類を使わなければいけないし、顔を洗う回数が増える分、お肌への摩擦も増えます。

ミルククレンジング自体がお肌に優しくても、これでは逆効果にもなりかねません。

ダブル洗顔不要のクレンジングは本当にダブル洗顔しなくていいの?

 

お肌が荒れているときは少しの刺激も避けたいものです。

ミルククレンジングを否定しているわけではありません。
ナチュラルメイクの方には最適だと思います。

大切なのは自分の肌質やメイク、その日のお肌のコンディションまで考慮した上で適切なクレンジング料を選ぶということです。

クレンジングオイルが肌に悪いかどうかは使い方に左右される