美肌パズル

美容情報&コスメレビュー

お手入れが大変な乾燥肌!ケア方法や対策はどうすればいい!?

乾燥肌,ケア

お肌のタイプにはいろいろな種類がありますが、特に乾燥肌の方はお手入れが大変で手間もかかっていると思います。

スキンケアにしてもメイクにしても、気を使っても全然乾燥肌がよくならないなんてケースもザラですよね・・・。

今回はそんな乾燥肌の方のケア方法やお手入れについてまとめてみたした!

 

スポンサーリンク

乾燥肌の洗顔

乾燥肌の方が注意するポイントとして、まずは洗顔が挙げられます。洗顔は毎日行うものですから、できるだけ乾燥をひどくしないやり方で進めるのがベスト。

 

乾燥肌向けの洗顔料について

まずは洗顔をするときに使う洗顔料についてです。顔を洗うためのアイテムは、基本的に肌にやさしいものを使うのがベストです。洗浄力の高すぎるものを使ってしまうと、それだけお肌の負担になります。

お肌を守っている角質や皮脂といった「潤いヴェール」を過度に取りすぎてしまうことにもなりかねませんので、洗浄力の強い洗顔料は控えるようにしましょう。

乾燥肌にもおすすめのボディソープランキング!乾燥肌にお悩みの方はアイテムにもこだわりましょう!

お水は熱すぎず冷たすぎず

そして洗顔で使用する水の温度ですが・・・できればぬるま湯で洗い流すようにしてください。お水でもいいのですが、少しぬるいくらいのお水で洗顔することで少ない洗顔剤でもしっかり汚れを浮かして流すことができるのです。

人肌よりも少しぬるい温度、30℃前半の温度がいいかと思います。熱すぎるお湯で洗顔してしまうと、逆に肌のうるおい成分を奪ってしまうことになりかねませんので注意してくださいね。

タオルは優しく!ゴシゴシこすらない!

そして洗顔後は、清潔なタオルで優しく顔を拭くようにしましょう。拭くというよりも、お肌の水分をタオルに吸わせる感じですね!

ゴシゴシこすってしまうと摩擦によってお肌がダメージを受けてしまいますので、柔らかくて清潔なタオルで、水分だけを吸収するようにしましょう。摩擦を限りなくゼロにするイメージです。

洗顔は1日に何度もしていいの?

洗顔の回数ですが、やりすぎると更に乾燥がひどくなってしまいます・・・。なので1日に1回、多くても2回程度にとどめておくようにしましょう。

実は洗顔のやりすぎがお肌を乾燥に導く大きな原因の1つでもあります。朝晩で1日2回シャワーを浴びている、という方も注意してください。お肌は水に濡らせば濡らすだけ、どんどん乾燥度合いがひどくなっていくのです。

乾燥肌に良い入浴剤と悪い入浴剤。おすすめランキングも!

 

乾燥肌のクレンジング

乾燥肌,ケア

次はクレンジングについてです。クレンジング剤は洗顔剤よりも、洗浄力の差が激しいので要注意です。

クレンジングの中でも特に洗浄力が高いのがクレンジングオイル。オイルはお肌への密着度が高く、濃いメイクも簡単に落とせるのでついつい使ってしまいがちです。でも毎日使っていると、お肌への負担になってしまうかもしれません。

クレンジングは肌質・メイクの濃さなども考慮して選ぶべきですし、もちろんお肌との相性もありますが、乾燥がひどいと感じている時には避けておいたほうが無難でしょう。もっと洗浄力が低くてお肌にも優しいジェルタイプなどのクレンジングを使用するようにしましょう。

 

洗浄力が低いクレンジングは濃いメイクを苦手としていると思われがちですが、一般的なベースメイクぐらいなら普通に落とせます。

ポイントメイクが落ちづらいと感じる時はポイントメイクリムーバーを併用すると良いでしょう。

 

クレンジングはどのタイプを使っていたとしても、基本的に1分以内で終わらせるのがベストです。たまにクレンジングのついでにマッサージなどをしてしまう方がいますが、これはお肌を傷つけてしまいますし、乾燥肌の原因にもなってしまいますので控えたほうが良いでしょう。

乾燥肌の方におすすめなクレンジングランキング!おすすめはこれ

スキンケアのおすすめ成分は「セラミド」や「ヒアルロン酸」

保湿力の高い化粧水というと、どんなものが思い浮かぶでしょうか? 手のひらに出すと、トロッとした感触のしっとり系化粧水?

もちろんそれも間違いではないのですが、できれば化粧水は使用感ではなく「配合されている成分」を重視して選んでほしいと思います。

化粧水に含まれている成分によっては、とろみがついているだけで実はそんなに保湿力が高くないものもあります。こうなると、しっとり保湿しているつもりでも実は乾燥肌は改善できていなかった・・・という悲しい結果になってしまうでしょう。

こうならないためにも、化粧水は含まれている成分を見てから購入するようにしてください。

セラミド

おすすめの成分ですが、まずはセラミドが挙げられます。セラミドは角質細胞間脂質の別名、細胞と細胞を埋めるようにして存在する成分のことを指します。

セラミドが十分に肌に存在している状態であれば、お肌が持っている水分はそう簡単に逃げ出しはしません。水分や潤いをしっかりとお肌に閉じ込めてくれる、セラミドはそんな役割を担っています。

ヒアルロン酸

そして乾燥肌向けの化粧水の成分として、ヒアルロン酸もおすすめです。ヒアルロン酸は水分保持能力がとても高いため、お肌にたくさん存在していればそれだけ潤いをキープできるのです。

化粧水でどれだけお肌に水分を与えても、水分保持能力が低ければ肌のうるおいは保つことができません。スキンケアをしてもお肌がすぐに乾燥してしまう・・・という方は、ヒアルロン酸を積極的に摂取するようにしていきましょう。

ビタミンC誘導体

またビタミンC誘導体という成分も、ヒアルロン酸と同じように水分保持能力が高い成分だといわれています。

さらにビタミンC誘導体は、美白にも効果があると言われています。乾燥から守りながら、白くてキレイなお肌にしてくれる万能な成分なのだそうです。

ファンデーションなどのメイクで気をつけたいこと

イメージ的には、乾燥肌の方はリキッドファンデーションを使ったほうが、より乾燥が防げる感じがしますよね? しかし最近はリキッドファンデーションこそ、乾燥を促進してしまうとも言われているのです。

リキッドは肌になじみやすいというメリットがありますが、その分毛穴の中に入っていくことも多く、そのまま毛穴づまりを引き起こす可能性が高いです。こうなると皮膚が呼吸しづらくなって、より肌は乾燥していく・・・というメカニズムが発生してしまうとのこと。

 

今までのイメージが一新されるような事実ですが、こういったことも念頭においてファンデーション選びをしていきましょう。

最近はパウダーファンデーションでもうるおい成分がしっかり入ったものもたくさんリリースされていますので、ぜひそういったものもチェックしてみてください!

 

またアイメイクに力を入れるときには、前日のスキンケアでアイクリームを塗っておくなどの対策をとっておきましょう。

こうすることでアイシャドウやアイラインなど、たくさん塗って濃いメイクをしても肌が乾燥しにくくなっていきます。

ただし目の周りの肌の乾燥具合がひどい場合は、アイメイクはほどほどにしておくのがいいかと思います。肌を無理させない程度に、メイクを楽しんでいきましょうね!

乾燥肌にいいファンデーションは?肌にいいベースメイクのやり方もご紹介