美肌パズル

美容情報&コスメレビュー

乾燥肌にもおすすめのボディソープランキング!乾燥肌にお悩みの方はアイテムにもこだわりましょう!

乾燥肌,ボディソープ

冬は空気が乾燥していて、保湿に気を使っていてもどんどんカサカサになっていきますよね。

お風呂上がりのしっとりした感じも、すぐに乾燥してしまって・・・特に乾燥肌の方には辛いことかと思います。今回はそんな乾燥肌の方におすすめのボディソープをご紹介します!

 

スポンサーリンク

乾燥肌向けボディソープの選び方

まずは乾燥肌の方がどんなことを基準にボディソープを選べばいいのか、その辺をしっかり見ていきましょう。

そもそもどうして乾燥肌になってしまうのかというと、いろいろな理由が考えられるのですが、いちばん多い原因は『お肌のバリア機能が低下しているから』というもの。

肌のバリア機能が低くなってしまうと、それだけ肌のもつ水分が空気中に逃げやすくなってしまうのです。

乾燥肌の原因と対策を伝授!!おすすめバスソルトもご紹介

 

また角質が落ちやすい生活環境にいることも、お肌の過度な乾燥を導くことになります。角質層というのは肌のいちばん表面に存在する細胞で、この角質層は肌を感想から守るような働きをしてくれています。

なので角質層がはがれやすくなると、肌の乾燥具合もひどくなっていくのです。これらのことを考慮して、ボディソープを選んでいくと乾燥を感じにくい肌になっていけるかと思います。それでは乾燥肌向けのボディソープの特徴を挙げていきましょう。

運動不足が乾燥肌をひどくする!?おすすめ改善策はホットヨガ!

 

洗浄力が高すぎないボディソープを選ぶ

洗浄力が高いボディソープはそれだけ汚れを溶かしたり除去する力が大きいのですが、その反動でお肌に負担をかけてしまうということも忘れてはいけません。

特にアルカリ性が強いボディソープは、お肌の角質層をはがやすくするので注意が必要です。できれば洗浄力がやさしいボディソープを選ぶように心がけてください。

配合されている成分でおすすめなのは、アミノ酸系やグルコシド系です。まや弱酸性をうたっているボディソープも肌にやさしいのでぜひ使ってみてほしいと思います。

うるおい成分が入っているボディソープを選ぶ

最近は商品説明やポップなどで「乾燥肌向け」と書いているアイテムも多く見られるようになりました。そういったボディソープにはうるおい成分が多く配合されていることが多いようです。

植物性のセラミドなど、保湿成分がたっぷり入っているボディソープをチョイスすれば、お風呂上がりにも肌のしっとり感が続くようになるでしょう。ぜひ成分表示に注目しながら、ボディソープを選んでみてくださいね。

泡で出てくるボディソープ

従来のボディソープは液状になっていて、スポンジなどで自分で泡立ててから使用するようなものが多かったですが、最近は最初から泡で出てくるボディソープも多く発売されています。

お肌になるべくダメージを与えないように体を洗うには、こういった泡状ボディソープもおすすめです。最初から泡で出てくるのでわざわざ泡立てる手間も省けますし、しっかりキメの細かい泡が出てくるので肌をなめらかに洗い上げることができます。

 

乾燥肌にもおすすめのボディソープランキング

それでは次に乾燥肌におすすめのボディソープランキングです♪ 使ってみた方の口コミなども掲載しますので、購入の際の参考にしてみてくださいね^^

第1位 クリアネオパール

クリアネオパール

 

クリアネオパールは高保湿成分のサクランを始め セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸・プラセンタなどの保湿成分もたくさん配合されていて、今までは必要不可欠だった「お風呂上がりのケアが必要なくなるほどの高保湿感を維持するボディーソープ」として話題になっています。

某美容雑誌でも保湿力No1ボディーソープとして紹介されていて、その実力は確かなものになりつつありますね^^

クリアネオパールのすごいところは高保湿というだけではなく、女性の気になるニオイ対策・黒ずみケアも同時に行えるというところです。体を洗うだけでこれだけのケアが同時に行えるなんて、とてもスグレモノですね!
\高保湿・ニオイ・黒ずみを同時にケア!/
詳しくはこちら

 

クリアネオのボディソープは元々男性用、ワキガや体臭・加齢臭の対策として販売されていました。それに保湿成分・美肌成分をプラスし、高保湿・黒ずみ・ニオイ対策の女性向けボディソープとして新登場しました。

ですのでワキやデリケートゾーンの匂い・黒ずみが気になる方にもオススメのボディソープとなっています。

乾燥肌と黒ずみの両方に悩まされていました。黒ずみ対策をメインにするとお肌はカサカサのままだし、乾燥肌だけを改善しようとするとまた黒ずみが目立つ…そんな時にクリアネオパールに出会いました。

クリアネオパールは乾燥肌と黒ずみ、しかも体臭まで同時にケアしてくれて本当に便利! 生理中に気になっていた匂いが緩和されたのも嬉しいです。

今まではお風呂から上がるとすぐにカサついていたのですが、今ではほとんどクリームを塗らなくても大丈夫になりました。

体を洗うだけのお手軽ケアなので、ズボラな私でも続けられそうです^^

 

高密度なキメ細かい泡で洗い上がりも優しくて、美肌サポート成分も惜しみなく配合しているためデリケートなお肌にも使えます。

24時間閉塞パッチテスト・低スティンギングテスト(感覚刺激テスト)・RIPT(アレルギーテスト)もクリアしていて、着色料・鉱物油・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤・パラベン・シリコーンは使っていないそうです。

 

お得な定期コースで申し込んだとしても、初回購入のみだけで解約OKなところも手が出しやすいですね! ちなみに定期コースだと女子力がアップするプレゼントを毎月無料でプレゼントしてくださるそうですよ^^

脇やデリケートゾーンの黒ずみ・におい対策ボディソープ「クリアネオパール」の効果や口コミは?

 

\高保湿・ニオイ・黒ずみを同時にケア!/
詳しくはこちら

第2位 ポーラ「オー ド フルール」
ポーラ,ボディソープ,オードフルール

乾燥肌の方におすすめしたいのが、ポーラから発売されている「オー ド フルール」というアイテムです! ポーラのこだわりがギュッと詰まっており、使用すると花のいい香りがふわっとするとても人気の高いアイテムになっています。

オー ド フルールにはローズ系の香りがするものと、ユリ系の香りがするものの2種類があります。ローズ系はエレガントで女性が好む香り、そして使用感はなめらかでしっとりとした感じです。

そしてユリ系は清々しいさっぱりとして香りで男女ともに楽しめるようなノート、そして使用感も同じようにサッパリ感に重点をおいているようなアイテムです。プレゼントなどにも喜ばれるので、自分用だけでなくご友人への贈り物にもぴったりといわれています!

超乾燥肌で、そのことをポーラの方に伝えたところ、自信を持ってオススメしていただきました。

白い方のボトルがさっぱりタイプでユリの香り、赤い方がしっとりタイプでローズの香りだそうです。ローズのしっとりタイプを使っていますが、冬でも全く乾燥を感じません。香りも結構長く持続します。

浸透型コラーゲンのおかげか、お肌ももっちり、そしてふっくらとハリが出てきました!

 

どちらのアイテムにも「浸透型コラーゲン」が配合されているので、乾燥肌の方にぴったりな使い心地になっています。特にローズ系の方はとてもしっとりとしたお肌の仕上がりになります。

お風呂上がりの自分の肌を触って、びっくりすることと思います。保湿だけでなく、肌のハリや弾力性を高めるような成分もしっかり配合されているので、女性には嬉しいボディソープとなっているんです!

\プレゼントにも喜ばれる!/
詳しくはこちら

第3位「バウンシア ボディソープ」

 

ブルーの爽やかなパッケージのバウンシア ボディソープ、きっと使ったことがある方もいるでしょう。ホイップクリームのような非常にキメの細かい泡ができるのがこのアイテムの特徴で、余分な汚れだけを落とせるというのがいいところです。

配合されている成分としては、ヒアルロン酸・コラーゲン・ミルクバターなど、保湿に徹底的にこだわっているということがわかりますね。乾燥肌の方の強い味方、それがバウンシアのボディソープなのです!

 

香りが強すぎずに、どんな人にも受けるようなボディソープだと感じました。以前は肌のことを考えて無添加のアイテムを使っていたのですが、乾燥が改善されないので思い切ってこのバウンシアのボディソープを購入。

結果、以前よりも肌がうるおうようになりました!もちろん肌荒れなども起こしていません。

値段も安く、口コミもよかったので買ってみました。泡立ちがいいので、少しの量で満足できるのもいいですね!コストパフォーマンスが素晴らしいです。

ホイップクリームのような泡に包まれていると、とてもリラックスした気持ちになれるから不思議です。

お肌をなるべく乾燥させないようにする洗い方

乾燥肌,ボディソープ
乾燥肌の自覚がある方は、ボディソープ選びだけでなく体の洗い方にも気を使ってみるようにしてください。些細なことですが毎日すこしずつ気をつけていけば、極度な乾燥も和らいでいくでしょう!

まずは体を洗うときにゴシゴシ擦りすぎないように注意してください。せっかくボディソープをキメ細かく泡立てても、スポンジなどで体を過度に傷つけてしまっては意味がありません。

そんなに強くこすらなくても体についている皮脂や汚れは落ちますので、体を優しく洗うようにしましょう。
 

特に乾燥のひどい場所は、あえてボディソープを使わなくてもOKというのも覚えておきましょう。

ボディソープを使うことで乾燥がよりひどくなってしまう可能性があるので、乾燥が過度な部分はボディソープを使わずにお湯でささっと流す程度にしておいてください。

それじゃあ汚くない?と思う方もいるかと思いますが、1日洗わないくらいではそこまで汚くならないのでご安心を。乾燥が過度な場所は、ボディソープを使う頻度を下げるようにしてみてください。隔日、や3日に1回くらいがベストな頻度でしょう。

 

またボディソープを洗い流すときに、熱すぎるお湯は使わないようにするのがベターです。あまりにも熱いお湯を使ってしまうと、体に必要な皮脂まで洗い流してしまうことになります。

皮脂は過度あると吹き出物やニキビを引き起こしますが、逆に全くなくなってしまうとお肌の乾燥を招いてしまうのです。お肌に存在する水分を逃がさないためにも、一定量の皮脂は必要になってきます。

これを流してしまわないためにも、洗い流すときのお湯の温度にも注意してください。

 

お湯は38℃前後のお湯を使用するのがいいでしょう。冬は寒いので40℃以上のお湯を使いたくなってしまいますが、そこは肌のことを考えて温度調整をしていってくださいね。

そして長風呂も禁物! 長風呂はお肌をふやかして角質層がはがれていく原因になります。なのでお湯につかる時間というのも、15分程度にしておいてください。

乾燥肌に良い入浴剤と悪い入浴剤。おすすめランキングも!