美肌パズル

美肌になる方法&コスメ効果口コミ情報

シェイバーなどで自己処理は必須!剃り残しは銀座カラーでは厳禁?

銀座カラー,シェーバー,自己処理,剃り残し,シェービング

サロンへ脱毛をしに行くときには、ムダ毛をしっかり処理してから向かわなければいけません。これはサロンで脱毛プランを契約したときに、はじめにエステティシャンの方に説明されると思います。

今回はそんな自己処理や剃り残しに関する疑問を解決していきましょう。各部位、どれくらいまで処理をしていけばいいのでしょうか? 特にサロンでの脱毛に関して初心者の方はしっかり学んでいきましょうね!

銀座カラーは脱毛し放題!総額いくらになる?

 

脱毛施術前までに自己処理を

これは銀座カラーだけではないと思いますが、フラッシュ脱毛の施術をする前にある程度長さのあるムダ毛はしっかり処理をしていかなければいけません。

基本的にはどのようなものを使ってもいいですが、毛根まで抜いてしまうようなアイテムは使わないようにしましょう。ブラジリアンワックスや脱毛テープ、毛抜きなどの使用は避けてください。

 

カミソリを使う方が多いと思いますが、もちろんそれでも構いません。脱毛する部分をカミソリでしっかり処理して、長いムダ毛が出ていないかを施術前までにしっかり確認しましょう。

どうして自己処理が必要なの?

フラッシュ脱毛は毛の黒い色素に反応することで脱毛効果を発揮していくメソッドですが、毛が長いままだとピンポイントに色素に反応させることができません。つまり効率のいい脱毛処理ができないのです。

できるだけ黒い色素の部分を狭くして、効率のいい脱毛処理をするにはしっかりムダ毛の自己処理をするのがマスト。きれいに脱毛をするためにもきちんと処理をしてからサロンに向かいましょうね!

銀座カラーの全身脱毛の効果や口コミはこちら

 

おすすめは電気シェーバー

先ほどカミソリで自己処理する方が多いと書きましたが、実はカミソリよりもおすすめの自己処理アイテムがあります。それは電気シェーバー。電気シェーバーの方がムダ毛の自己処理は上手にできるといわれています。

電気シェーバーは自分では目の届かない場所のムダ毛を処理することも簡単にできますし、細くて細部にあるような毛もしっかり剃ることができるので剃り残しが少ないです。

 

カミソリですとどうしても剃り残しが出てしまいます。また全身をカミソリで自己処理しようと思うと、かなり時間や労力がかかってしまうので大変というのもありますね。

電気シェーバーは顔用のものを1台購入して、体にもその顔用のものを使うというのがおすすめです。電気シェーバーを使うときには、できるだけ明るい場所でやりましょう。そのほうがしっかりキレイにムダ毛の自己処理ができます!

 

シェービングを忘れないために

銀座カラー,シェーバー,自己処理,剃り残し,シェービング

脱毛前のシェービングを忘れないために、スマホのスケジュールアプリなどに自己処理のマークを入れたりアラーム設定しておくのがオススメです。

自己処理をしないで脱毛サロンへ行っても、処理していない部分は脱毛してもらえない場合があります。なので忘れずに自己処理しておくことはとても大丈夫なのです。

 

また、万が一自己処理を忘れてしまったとしても、サロンでササッとムダ毛を剃れるようにバックの中に常に電気シェーバーを入れておくというのもオススメです。ちょっと荷物になってしまいますが、脱毛している間は忍ばせておくとベターです。

自己処理をしっかり行ったつもりでも、剃り残しがあるとこれもまた脱毛できないという悲惨な結果になってしまいます・・・。こういったことを考えると、やはり電気シェーバーを常に持ち歩くのは得策と言えるでしょう。

 

剃り残ししやすい部分はここ!

体のパーツの中にも、自己処理しにくい部分があります。脇や二の腕などは目視できるので、剃り残しはそれほどないかもしれませんね。

特に剃り残ししやすいのは脚の裏側です。スネの部分は目でも見やすい位置にありますから、そう自己処理し忘れることはないでしょう。ただふくらはぎ部分、つまり脚の裏側は以外に薄くて細い毛が残ってしまっていることが多いのです。

 

また背中の脱毛をしている方も剃り残しには要注意です。背中は範囲が広い上に、自分の目が届かないような場所・・・。背中の自己処理をするのはとっても難しいですよね。

ここも電気シェーバーやカミソリを上手に使って処理していきましょう。鏡を2枚使って背中の様子をチェックしたり、別売りの背中剃り用の長いスティックを使ってみたりするのもいいですね。

VIOも自己処理する?

デリケートゾーンの脱毛を考えている方は、「VIO部分も自己処理するの…?」と疑問に思うことでしょう。もちろんVIOなどのデリケートゾーンもしっかり自己処理していく必要があります。

基本的にフラッシュ脱毛は2ミリ以下の長さであれば脱毛処理ができるといわれていますので、多少チクチクした状態でも脱毛は可能です。ただVIOはしっかり全ゾリしてしまうのがベストでしょう。

 

VIOは長さがある状態からいきなり電気シェーバーをあててもなかなかきれいに剃れないので、まずはハサミで適度な長さにカットしてから電気シェーバーを使うようにしてみてください。

デリケートゾーンのムダ毛をキレイにしたい人必見!銀座カラーのVIO脱毛まとめ!