美肌パズル

美肌になる方法&コスメ効果口コミ情報

VIOやデリケートゾーンに脱毛器は使える?ケノンとトリアの比較をしてみよう!

今回は家庭で簡単・お手軽にフラッシュ脱毛ができる脱毛機器をご紹介していきます! お値段は決して安くありませんが、脱毛サロンにわざわざ通わなくてすみますし、家族や親しい友人とシェアして使うこともできます。

そんな家庭用脱毛機器ですが、デリケートゾーンやVIOの脱毛にも使用することはできるのでしょうか? 脱毛機器の詳しい説明に加えて、デリケートゾーンの脱毛についてもしっかりご紹介していきます。

 

家庭用脱毛器ってVIO(デリケートゾーン)にも使えるの?

デリケートゾーンはやはり粘膜が近いですし、自分で家庭用の脱毛機器で脱毛してしまうのは大丈夫なの・・・? という疑問が生まれてくるでしょう。

家庭用脱毛機器でVIOラインを脱毛するときの注意点やよくある質問について、少しずつ紐解いていきます!

VIO脱毛できるものとできないものがある

家庭用の脱毛機器はいろいろなメーカーから、様々な種類や仕様を持ったものが出されています。脱毛機器の種類によってはVIO脱毛ができるものもありますし、デリケートゾーンの脱毛には適していないものも存在します

「脱毛機器を購入したら絶対にVIOラインまで脱毛したい!」と思っている方は、必ず商品表示を確認してから買うようにしてください。VIOに適用していないものを買ってしまったら、とてももったいないですからね。

 

一般的に人気な脱毛機器はほとんどVIOラインの処理に適応しているようですから、欲しいアイテムがデリケートゾーン非対応だった・・・ということはあまりないとは思います。

 

  • どうやってデリケートゾーンと処理すればいい?
  • 粘膜が近いけど脱毛機器を使ってもいいの?
  • 家庭用機器を使うときの注意点は?

家庭用脱毛機器を用いたデリケートゾーン処理の仕方

それでは実際にどのようにしてVIOラインをきれいにしていくのか、詳しくご紹介しましょう。まずはムダ毛をカミソリで自己処理していきます。

ムダ毛はある程度長さがある状態だと処理をしても脱毛効果がちゃんと出ません。しっかりとカミソリなどを用いて自己処理をし、脱毛機器の効果を最大限引き出せるようにしておきましょう。

 

光やレーザーの照射はムダ毛の色素に反応することでムダ毛を薄くしていくことができます。なので毛抜きで抜いてしまうと、そもそも照射する意味がなくなってしまいますので気をつけてください。

また脱毛機器を肌に当てて実際に施術をする前に、肌を冷却するようにしましょう。脱毛機器から出る光やレーザーは、肌に熱感を与えながら脱毛効果を出します。

 

ヤケドすることはほとんどないと思いますが、肌のほてりを少しでも軽減するために冷却ジェルや保冷剤を使ってアイシングしてから脱毛に臨むようにしてくださいね!

余力がある方は脱毛機器を使い終わったあとも、患部を冷却するといいでしょう。特に肌が弱かったりデリケートな方は、冷却することによって肌トラブルを未然に防ぐことができるといいます。

 

冷却が終わったらスキンケアをしてしっかりと保湿を行います。脱毛機器で処理したあとの肌は水分が飛んでしまって、うるおいが不足している状態です。

デリケートゾーンを家庭用脱毛機器で処理したあとは、デリケートゾーン専用のスキンケアを使うこともおすすめです。ドラッグストアや通販で販売されているようなので、ぜひ使ってみてくださいね!

VIOを脱毛する手順

  1. VIOの自己処理をしっかりする
  2. 施術前に肌を冷却する
  3. 肌に脱毛機器を照射していく
  4. 施術が終わってからもクールダウン
  5. スキンケアでしっかり保湿

デリケートゾーンを脱毛するときの注意点

デリケートゾーンは目で確認しながら脱毛するのがなかなか難しい部位です。自己処理も丁寧に行わないと、剃り残しなどが発生して脱毛効果を得づらくなってしまうでしょう。

鏡を使ってしっかり自己処理をして、脱毛も大雑把にではなく繊細に行ってください。また出力などを調整するときも、注意が必要です。

 

いきなり強い出力でやらないように、微調整しながら進めていってください。VIOは体の他の部位以上にデリケートな場所だということを念頭に置いて脱毛を進めるのがベターです。

また施術が終わったあとに入浴する場合、施術した患部をゴシゴシ擦らないように気をつけてください。家庭用脱毛機器といえども、施術をしたあとは肌がとても敏感な状態になっています。

あまりにも力を入れてこすって洗ってしまうと、肌が傷ついて次回以降脱毛処理ができなくなってしまうことも・・・。施術後の肌は優しく扱ってあげるようにしてくださいね。

フラッシュ(光)脱毛器ならコレ!「ケノン」

ケノンパールホワイト

家庭用脱毛の脱毛機器にはフラッシュ脱毛タイプレーザー脱毛タイプの2種類があります。どちらも人気ですが、それぞれおすすめの商品をご紹介していきましょう。

まずはフラッシュ脱毛によってデリケートゾーンをきれいにしていくことができる機器、「ケノン」について詳しくご説明します。

ケノンの魅力や人気の理由

ケノンは株式会社エムロックからリリースされている家庭用脱毛機器です。「家庭用脱毛機器と言えばこれ!」と言った感じで、長年多くの女性に支持されているアイテムなのです。

ケノンは照射レベルが10段階あって、自分で好みの出力を調整しながら脱毛を進めることができます。脱毛したい程度や痛みの感じやすさは人それぞれなので、こういった微調整ができるのは嬉しいですよね。

 

ケノンはカートリッジを交換するタイプの脱毛機器です。特徴をまとめてみました!

  • 1つのカートリッジで20万回のショットを打つことができる
  • ショット数のカウントも機器がしてくれる
  • 美肌用のカートリッジに切り替えるとスキンケアをしながら脱毛をすることもできる
一応ケノンでVIOを脱毛することもできますが、公式HPではあまりデリケートゾーン周りの脱毛を推奨していないようです・・・。

処理をするときには丁寧に行って、出力はあまり高くしすぎないようにするのがベターでしょう。

価格は70,000円程度と決して安くはないですが、それだけの価値はあるアイテムです!

 

育児があってなかなか外出できる時間が取れません。なので脱毛サロンに通うのは無理だと判断し、ケノンで家庭脱毛することにしました。

痛みなどはほとんど感じず、自分のペースで脱毛を進めることができています。2年ほど地道に脱毛し続けていますが、VIOラインのムダ毛はほとんど生えてこなくなりました!

\ジェルや美容液は不要!自宅で簡単お手軽、本格脱毛!/
ケノン公式サイトはこちら

 

レーザー脱毛器ならコレ!「トリア」

家庭でレーザー脱毛ができる機器としては、「トリア」が挙げられます。一般的にフラッシュ脱毛よりもレーザー脱毛の方が出力が高いので、より大きな脱毛効果が期待できます。

とくにVIOのムダ毛は他の体の部位に比べて濃いことが多いですから、出力の高いレーザー脱毛を実施することで早めに脱毛が完了することもあります。

 

ただレーザー脱毛は痛みを感じる確率も高いといいます。トリアももちろん出力の調整ができるような仕様になっていますので、痛みを確認しながら微調整して脱毛を進めるようにしてくださいね!

ケノンの違ってカートリッジ方式ではないので、本体さえ購入してしまえば半永久的に脱毛ができるというのもメリットの1つです。

 

痛みが心配でしたがしっかり冷却しながら脱毛処理していったので、とくに激痛を感じることもなく進めていけました。

VIOラインの脱毛のために購入しましたが、もう3回目の照射が終わるころにはほとんどムダ毛が生えてこなくなってビックリ! 完全脱毛まではもう一息という感じですが、自己処理はかなり楽になりました!

\自宅でクリニックレベルの脱毛ができる!/
トリア公式サイトはこちら

 

【フラッシュ脱毛】ケノン vs 【レーザー脱毛】トリア

それでは最後にケノンとトリア、どちらの方が優れたアイテムなのかと徹底的に比較していきましょう。どちらの方がよりスムーズかつ効率的に脱毛を進められるのでしょうか?

効果がより高いのは?

フラッシュ脱毛よりもレーザー脱毛の方が効果が高い、というような記述をしましたが・・・実際のところケノンの方がトリアよりも効果が劣っているというようなことはないようです。

ケノンもフラッシュ脱毛ではありますが、出力を強くして使用することもできるので効果の高い施術を実施することができます。大きな効果の差というものは、ケノンとトリアにはないと思ってもらって構いません。

痛いのはやはりレーザー脱毛

やはり痛みを感じやすいのはレーザー脱毛機器であるトリアのようです。出力を上げれば上げるほど、痛みを感じる可能性というのは高くなっていきます。

とくにVIOというのはムダ毛が濃い分、他の体の部位よりも痛みを感じやすいと言われています。VIOを処理したいけど痛いのは嫌・・・という方は、ケノンを検討してみてください。

一度に照射できる範囲

ケノンとトリアを比較したときに、照射範囲が広いのは圧倒的にケノンです。ケノンは横3.5cm・縦2.5cmという照射範囲で、家庭用脱毛機器としては効率的に脱毛が進められる仕様となっています。

ただVIOだけを脱毛したいということであれば、そこまで照射範囲が広くなくてもいいのかもしれません。デリケートゾーンはコンパクトですから、トリアの照射範囲でも問題なく脱毛を進めることができます。

 

背中やお腹、脚などを脱毛するのにはケノンの照射範囲はとても魅力に感じるかもしれませんね。使用したい部位に応じて、それに適した脱毛機器を選択するというのがベターなのではないでしょうか。

ケノンの方がおすすめ!その理由は・・・

  • フラッシュ脱毛だけど効果は高い
  • 痛みを感じることが少ない
  • 照射範囲が広い
\ジェルや美容液は不要!自宅で簡単お手軽、本格脱毛!/
ケノン公式サイトはこちら