美肌パズル

美肌になる方法&コスメ効果口コミ情報

飲むコラーゲンは効果がない!?その意見の裏側に迫りました

飲む,コラーゲン,効果ない

コラーゲンドリンクやパウダーコラーゲンなど、飲み始めて効果を実感できたという方が多い中で、飲むコラーゲンには効果がないという意見を持っている方もいるようです。

コラーゲンは口から飲んで(経口摂取して)も体内でアミノ酸に分解されてしまうという理由からなのですが、分解されたあとに再合成することを計算に入れて作られているコラーゲン商品なら効果があると証明されています。

確かにコラーゲンを飲んだからと言って、そのまま直接お肌に届くわけではありません。でも、お肌に対して全く役に立たないとは言い切れないはずです。

 

スポンサーリンク

コラーゲンの効果は吸収される量とスピードによって左右される

コラーゲンという言葉も浸透してきて、外食のメニューからお菓子、鍋やスープなどの料理にもコラーゲンを売りにした商品をよく目にするようになりました。

コラーゲンはお肌のハリや弾力を保ち、たるみやほうれい線の解消にも役立つので『コラーゲン料理を食べてお肌プルプルに!』なんて謳っているメニューや商品も多いですが、その一方で『コラーゲンは食べても飲んでも意味が無い』という意見も目立ちます。

 

一体どっちが本当なんだーって頭が混乱しちゃいますよね(^_^;)

飲んだコラーゲンが体内でコラーゲンとして機能するかどうかは、吸収される量とスピード、そして飲むタイミングによって効果に違いがでるんです。

コラーゲンは寝る前に飲むのがグッドタイミング!

 

飲むコラーゲンに効果がないという意見の裏側

コラーゲンの経口摂取に効果がないという人達の意見は、主にこの2つです。

  • コラーゲンを口から入れても胃や腸で分解されてしまうので、
    コラーゲンがそのままお肌に届いてくれるわけではない。
  • 料理に含まれているコラーゲンは高分子で分子が大きすぎるから
    体内に吸収されにくい。

 

たしかにコラーゲンは分子であり、原子がいくつか集まり結合してできたものです。

食堂を通る過程で胃に入ると分解・吸収されますので、分解されたものはコラーゲンではありませんし、分子が大きすぎると十分に分解できないので、その分吸収率も悪くなってしまうでしょう。

ですが、それは食事や飲み物から摂れるコラーゲンに効果がないという話であって、コラーゲンドリンクなどをはじめとしたコラーゲン特化商品はそれを見越した上で体内で再合成されるように開発されています。

 

コラーゲン配合を売りにしている料理こそ大きな効果は期待できない

コラーゲンは体内で作られているので、胃で分解されてもコラーゲンを再合成するための材料になってくれるんじゃないの?と思うかもしれません。

でも残念ながら、料理などから摂れるコラーゲンは高分子なので、原子の量が多すぎて分解・吸収までに時間がかかりすぎてしまいます。

そのため、ほとんどが吸収される前に体外に排出されてしまうんです。

 

体内でコラーゲンを再合成してもらうためには、いかに多くの材料を体内に取り込めるかにもよりますので、吸収率の悪い高分子コラーゲンではかなり役不足なんです…。

 

それでなくてもコラーゲンは お肌の他にも関節や骨、血管など、体のいたるところに必要な要素(タンパク質)です。

お肌だけに使われているわけではないし、お肌に優先的に使うように体に指示することも出来ません。

そこで、なるべく多くのアミノ酸を効率よく吸収できるようにと考えられたのが、低分子コラーゲンペプチドです。

 

効果のあるコラーゲンの選び方。低分子コラーゲンペプチドで吸収率アップ!

飲む,コラーゲン,効果ない

高分子コラーゲンの吸収されにくいといった問題を解決したのが低分子コラーゲンです。

せっかくコラーゲンを摂っているのに全く役に立たないのは勿体ないですよね。

低分子コラーゲンペプチドとは

低分子コラーゲンペプチドとは体内への吸収率を高くするために、初めから原子の量を少なくしてあるコラーゲンのことです。

分子の量はダルトンという単位で表すそうですが、食事で摂れる動物性コラーゲンは約300000~400000万ダルトン、(商品にもよりますが)低分子コラーゲンペプチドは約500~1000ダルトンだそうです。

低分子コラーゲンペプチドを使用したコラーゲン特化商品は長期的に摂り続けることで効果があると医学的にも認められました。 ※参考

 

体内で分解されてアミノ酸になることに変わりはないのですが、吸収されやすくなり、そのスピードもグッと早くなります。

ですが低分子コラーゲンを配合しているものは、コラーゲンの性質をふまえて商品化されたコラーゲンドリンクをはじめとするサプリメントなどの特化商品などのみです。

 

普段の食事から摂れるコラーゲンは分子量が非常に大きく吸収されづらいため、コラーゲンボール入りの鍋を食べてもお肌のハリアップやたるみ解消にはあまり効果はないと思ってください。

コラーゲンを食べても飲んでも意味が無いというのは食事から摂った場合です。

 

  • コラーゲンは体内でもう一度作り直すために摂る!
  • そのための条件は低分子コラーゲンペプチドを使用していること!
  • そしてコラーゲンを作るために必要なビタミンCを配合している!

この条件の揃ったコラーゲン商品を選ぶ事が重要です。

 

飲むコラーゲンは体内で再合成される

美肌にコラーゲンは必要不可欠です。

コラーゲンはお肌のハリを保ち、たるみやほうれい線を解消します。

若々しいお肌を保つために、コラーゲンが重要な役割を担ってくれているのですが、年齢を重ねるごとにどんどん生産量が減ってしまうのは避けられません。

 

その対策としていくつかの企業からコラーゲンのサプリが発売されていますが、中には『コラーゲンを経口摂取しても効果はない』という方もいます。

確かにコラーゲンは体内に入ると消化の途中で分解されてしまうので、口にしたコラーゲンがそのままの状態でたるみやほうれい線を解消する特効薬になるわけではありません。

ですが、コラーゲンだって体内で作られているものです。体内で生産されている以上、コラーゲンが分解されてしまったとしても、次にコラーゲンになるための材料として再利用も可能ということです。

 

コラーゲンが生産される時の条件

体内にはコラーゲンを作るためだけに使われるヒドロキシプロリンというアミノ酸があります。

そのヒドロキシプロリンを作るために必要なのがビタミンCです。

 

つまり、ビタミンとコラーゲンドリンクなどのサプリを一緒に摂ることで、繊維芽細胞が活発に働き、コラーゲンの生産を促してくれるのです。

コラーゲンドリンクの中には、ビタミンCを一緒に配合していて1本で同時に摂取できる商品もあります。

 

1本でOK!コラーゲン再合成に必要な成分が全て揃っているコラーゲンドリンク

コラーゲン再合成のための条件を全てクリアしているおすすめのドリンクがフジフィルムから発売されているアスタリフトのコラーゲンドリンクです。

1日に最大5000mgも分解されてしまうコラーゲンですが、アスタリフトのコラーゲンドリンクには低分子のピュアコラーゲンが10000mgも配合されているだけではなく、ノンカフェイン・低カロリー・糖質オフなど、女性に嬉しい心遣いもたくさんあります^^

今なら半額!アスタリフト コラーゲンドリンク 10日間チャレンジ