美肌パズル

美肌になる方法&コスメ効果口コミ情報

コラーゲンは保湿の王様!?コラーゲン配合の化粧品に隠された真実

コラーゲン,化粧品

コラーゲンが入っている化粧品ってどんなイメージがありますか?

お肌がプルプルになりそう?

残念ですが、お肌につけただけでは
私たちが期待するコラーゲンとしての役割は果たしてくれないんです。

 

スポンサーリンク

コラーゲンはお肌に塗っても浸透しない

コラーゲン配合のスキンケア商品、化粧品なども増えてきましたよね。

コラーゲン=お肌がプルプルになるというイメージが強いので
化粧品に配合されていたら 同じような効果を求める方も少なくないかもしれません。

よほど詳しくない限り『何か肌に良さそう!』と思ってしまいますもんね。

 

鍋やスープなどの料理に含まれているコラーゲンに効果は期待できないとしても、
コラーゲンに特化した商品は 
低分子コラーゲンペプチドを使用しているものなら

体内で一度分解されても 
コラーゲンを再構築するための原料になるので 効果はあります。

 

でも化粧品に配合されているコラーゲンとなると話は別です。

スキンケアとしてお肌にコラーゲンを塗りこんでも、
分子が大きすぎてお肌に浸透してくれません。

物によって差はあるものの、分子量を表すダルトンで比べてみるとこうなります↓

一般的な動物性コラーゲン ⇒ 300000~400000ダルトン
最小の低分子コラーゲンペプチド ⇒ 500~1000ダルトン

 

皮膚に浸透するためには500ダルトン以下でなければいけないそうなので、
化粧水や美容液に配合されていても 浸透することはまずありません。

肌表面に最も近い角質層への浸透なら可能でしょうが、
体内で合成、生産されるコラーゲンとは役割が全く異なります。

 

スキンケア商品や化粧品に関しては、
低分子コラーゲンペプチドを使用していたとしても
お肌の奥深くに入り込んで体内のコラーゲン生産の手助けをする力は全くないんです。

化粧品に含まれているコラーゲンはとても優秀な保湿剤

『じゃあ化粧品に入ってるコラーゲンは何の意味もないの?』
と言われるとそれもまた違います。

コラーゲンはとても優秀な保湿剤として知られていて
『保湿の王様』と呼ばれているほどです。

 

コラーゲンにも種類があるし、質・配合量・技術などでもさはありますが、
コラーゲンがお肌の奥にまで浸透することは分子の大きさから言ってまず有り得ないので、
だからこそ逆に保湿剤として役立つのです。

コラーゲンはお肌への馴染みも良く、
単価も安いので化粧品に良く使われています。

 

体内のコラーゲン量を増やして
お肌のたるみやほうれい線を解消したい、ハリのある肌を手に入れたいのなら

低分子コラーゲンペプチドを使用したコラーゲンサプリ、
保湿目的ならコラーゲン配合のスキンケア商品という風に
コラーゲンの性質を理解して使い分けることをオススメします。

年齢と共に減少し、衰え続けるコラーゲンを守るためにできる対策は?
美顔器で顔のたるみ改善!ラクに表情筋を鍛えてコラーゲンまで増加!?