美肌パズル

美容情報&コスメレビュー

日々の頭皮ケアは万全?クレンジングオイルで頭皮クレンジングの効果とは?

普段あまり気にしていない頭皮の健康、実は頭皮もお肌と同じように加齢や外的ストレスによって劣化していってしまうんです。なのでできるだけ頭皮ケアをすることが推奨されています。

おすすめの頭皮ケアやその注意点などを、しっかり紹介していきましょう。頭皮クレンジングで、頭皮をいつまでも健やかに保てるといいですね!

 

スポンサーリンク

頭皮クレンジングってなに?

美容に関心のある方でもなかなか聞き慣れない言葉かもしれませんが、頭皮ケアのことを最近は「頭皮クレンジング」と呼ぶそうです。クレンジングオイルでメイクオフするように、頭皮の汚れもしっかり落とすことが重要視されています。

「毎日しっかりシャンプーしてるから清潔だよ!」と思っている方も多いでしょう。しかし頭皮の汚れというのは私たちが思っている以上に頑固で、シャンプーしたくらいでは落としきれないことも多々あるのです。

 

シャンプーで落とせない頭皮の汚れはどうしたらスッキリさせられるのか? ここで利用したいのがクレンジングオイルです。お肌同様、頭皮にも専用のクレンジングオイルというものがあるのです。

頭皮のクレンジングオイルの特徴は、皮脂と混ざりやすいという部分。皮脂をしっかりキャッチするので、頭皮の汚れを落としやすいといわれているんですね。洗浄力が高いのが魅力となっています。

 

頭皮クレンジングのやり方

それでは具体的に頭皮クレンジングのやり方をご説明していきましょう。簡単で誰でもできるので、興味のある方はぜひ挑戦してみてくださいね!

自宅でも頭皮クレンジング

まずはヘアブラシを使って、頭皮全体のマッサージをしていきましょう。髪の毛は軽く溶かしておいた方が、後々クレンジングしやすくなります。

髪の毛は特に濡らさなくても大丈夫です。まずは髪の毛が乾いた状態からはじめましょう。髪の毛をとかしたら、頭皮クレンジングオイルを500円玉くらいの大きさくらいとって頭皮につけていきます。

ポイントは髪の毛自体につけるのではなく、地肌につけるようにすることです。これはシャンプーするときと同じ感覚ですね、髪の毛ではなく地肌にクレンジングオイルが浸透するようにつけていきましょう。

 

クレンジングオイルをつけたら指の腹を使って、頭頂部→下方向という流れでマッサージしていきます。軽く指圧するような感覚で行って、毛根をやさしく刺激してみてください。

このときも地肌全体にマッサージオイルがいきわたるように、指をうまく滑らせていけるとベターです。マッサージを十分に行ったら、最後はクレンジングオイルを流していきます。

 

流し方ですが、まずはお湯でしっかり洗い流しましょう。「オイル=落ちにくい」というイメージがあるかもしれませんが、クレンジングオイルは乳化して水でも洗い流せるようになりますので安心してください。

お湯でササッと洗ったら、最終的にはシャンプーやリンスをしてオイルを完全に落としきりましょう。いつも通りのやり方でOKですが、できるだけオイルが頭に残らないようにするのがベターです。

頭皮クレンジングの頻度ですが、これは週に1~2回のスペシャルケアでOK。あまり頻度を多くしてしまうと、頭皮に必要な皮脂も流してしまうことになるので注意が必要です。

オイルクレンジングするときの注意点

クレンジングオイルを使って頭皮マッサージをすると、数日後に髪の毛のツヤなどを感じることができるといいます。また頭皮臭などもおさまるようになるので、匂いが気になっている方にもオススメです。

ただ中には頭皮クレンジングオイルが肌に合わず、赤くなったりかゆくなったりすることもあります。このような傾向が出始めたら頭皮マッサージは中止するようにしましょう。

 

頭皮に合わないのにオイルクレンジングを続けていると、逆に頭皮は不健康になってしまいます。敏感肌の方は特に注意が必要となってきます。

また頭皮マッサージするときには、あまり時間をかけすぎないように心がけてください。何十分もかけて頭皮マッサージしてしまうと、頭皮を痛める原因にもなりかねません。

 

頭皮マッサージは数分でも十分な効果がでますから、時間には気をつけて行ってみてくださいね。マッサージする強さも「痛気持ちいい」くらいの強さに留めていくようにしましょう。

特に爪を立ててマッサージしないようにだけ、気をつけてください。

 

メイク落とし用のクレンジングオイルを使ってもいいの?

ふだんメイクオフのアイテムとしてクレンジングオイルを使っている人も多いでしょう。そんな方はあえて頭皮用のオイルを買わなくても、メイクオフ用のクレンジングオイルで代用ができるのではないでしょうか?

界面活性剤が入っていないかチェック

結論からいうと、メイクオフ用のクレンジングオイルで頭皮クレンジングするのはアリです。メイクオフと頭皮、兼用で同じクレンジングオイルを使っている方も少なくありません。

ただメイクオフ用のクレンジングオイルには、合成界面活性剤が入っていることが多いです。合成界面活性剤は頭皮に必要な皮脂まで根こそぎ落としてしまうので注意が必要となってきます。

 

メイクオフ用のクレンジングオイルを頭皮に使うときには、この合成界面活性剤が入っていないかまずはチェックしましょう。そして入っていた場合は、そのクレンジングオイルを使用しないようにしてください。

最近はナチュラル志向が強まっているので、クレンジングオイルに合成界面活性剤を使っていないアイテムというのもたくさん販売されています。そういったアイテムを使って、頭皮のクレンジングは行っていくようにしましょう。

できれば専用の頭皮クレンジングオイルを

合成界面活性剤が配合されていなければ、メイクオフ用のクレンジングオイルを頭に使っても大丈夫です。ただやはりどうせなら専用のクレンジングオイルを買って使ってほしいと思います。

頭皮クレンジング専用のオイルは、頭皮が健康でいるための成分がたっぷり配合されています。薄毛の解消を促したり、髪の毛に栄養を与えるような働きも期待できるのです。

なので本当に頭皮の健康を考えるのであれば、頭皮クレンジングのためにつくられたようなオイルをぜひ使っていただきいと思います!そんなに高いものではないので、購入して使ってみてください。

 

ヘッドスパとの違いは?

エステなどへ行くと、頭皮ケアをしてくれるような「ヘッドスパ」というものを実施していますよね。これは頭皮クレンジングとどのような違いがあるのでしょうか?

基本的に効果は同じ

ヘッドスパではいろいろな美容成分が含まれたクリームやパックなどを髪の毛・頭皮になじませて、エステティシャンの方がマッサージしてくれます。これによって地肌をきれいに保つことができるのです。

このヘッドスパと頭皮クレンジングですが・・・目的は同じです。「毛穴の詰まりをなくして頭皮の血行を良くする」という最終的なゴールは全く一緒。

 

ただこのゴールに至るまでに、どんなものを使うのかというのが異なるだけです。ヘッドスパはクリーム状のものを使うことが多いですし、頭皮クレンジング主にオイルを使います。

頭皮クレンジングはオイルさえ準備できれば、自宅で簡単に行うことができます。

ただオイルが頭皮に合わないということになってくると、頭皮ケアの方法としてはヘッドスパを選択せざるを得ない状況も出てきます。自分の頭皮といちばん相性のいい方法で、頭皮ケアをしていくようにしましょう!