美肌パズル

美容情報&コスメレビュー

クレンジングオイルで毛穴の掃除!角栓は除去できる?

年齢を重ねるとともに、だんだん気になってくるのが毛穴の汚れです。しっかり洗顔やスキンケアをしているはずなのに・・・どうして毛穴には汚れが溜まっていってしまうのでしょうか?

今回は毛穴の汚れが溜まってしまうメカニズムを中心に、その改善方法やクレンジングの仕方などにも注目していこうと思います。

普段から毛穴汚れが気になっているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!そしていつまでもきれいで若々しい毛穴をキープしていきましょう。

 

スポンサーリンク

毛穴の汚れが目立ってしまうのはなぜ?

若い時にはまったく気にならなかった毛穴、スベスベで毛穴レスだったお肌はどこへ行ってしまったのか・・・そんな風に嘆いている方も少なくないでしょう。

年々毛穴や毛穴の汚れが目立ってしまう原因としてまず考えられるのは、毛穴自体が広がってしまうということです。毛穴も肌同様に、加齢とともにたるみが発生していきます。

一度たるんでしまった毛穴はなかなか元には戻りません。セルフケアで改善するのはとても難しく、元通りにするには美容整形などを施さないといけないのです。

 

たるんで広がった毛穴には、今まで以上に汚れが溜まりやすくなってしまいます。なので普段通りのスキンケアをしていても、掃除しきれない部分が出てしまうんです。

毛穴は加齢以外でも外的なストレスや精神的になストレスでも広がりやすくなってしまいます。以下のことに注意しないと、今後も毛穴は広がってしまうかもしれません。

乾燥

空気が乾燥していると、それだけで毛穴にとっては負担です。お肌が乾燥することで、毛穴のたるみは余計にひどくなる傾向があります。

乾燥肌の方はもちろん、乾燥する季節には普通肌の方もいつも以上にスキンケアに力を入れるようにしてください。保湿は十分すぎるくらい行ってくださいね。

紫外線

過度に紫外線を浴びすぎると、毛穴はダメージを受けてしまいます。若い頃ロクに紫外線対策をしていなかったというあなた・・・年齢を重ねるとともに、毛穴にそのツケが回ってくるかもしれませんよ。

今からでも遅くないので、日頃からUVケアや紫外線対策はしっかり行っていきましょう。外出するときには日焼け止めを塗って、帽子やサングラスなども活用してみてください。

そして家では浴びてしまった紫外線のケアをします。ビタミンC誘導体などが配合されているスキンケアを使用すれば、メラニン色素の生成を抑えることができますよ!

精神的なストレス

人間生きている以上はどうしてもストレスを感じてしまいます。ただあまりにも「心にストレスいっぱい!」という状態だと、毛穴へも悪影響が出てしまいますので注意が必要です。

ストレスを感じることがあったら、自分なりの方法で解消してみてほしいと思います。運動でもカラオケでもショッピングでも・・・なんでもいいです、ストレスの解消法を見つけておきましょう。

また不規則な生活も心と体に大きな負担をかけています。食生活の乱れや睡眠不足が日常化してしまっている方は、それらも見直すように心がけてみてくださいね。

 

毛穴に詰まっているのは角栓?

そもそも毛穴に詰まって汚れて見えるものの正体はなんなのでしょうか? 実は毛穴の中に詰まっているものは「角質」と呼ばれるものなんです。

角栓というのはお肌の古い角質(70%)と皮脂(30%)が混ざってできた汚れです。角質はほぼタンパク質からできていますが、これが皮脂と混じることによって角栓という汚れになってしまいます。

この角栓を何とかしないと、毛穴は中々キレイになりません。角栓はタンパク質ですので、溶かし出すということができないのが実態なのです。

毛穴をキレイにするには「オイルマッサージをする」「ホットタオルで温める」などがよく挙げられますね。しかしこれらの方法では毛穴はキレイにはなりません。

 

このタンパク質を除去するためには、角栓を柔らかくしてから取り出すといった方法が有効です。角質を柔らかくするには、酵素を使うのがおすすめとされているようです。

酵素が配合されている洗顔フォームなどを使うと、角質が柔らかくなって外に出てきやすくなります。なので毛穴の汚れが目立ってしょうがない・・・という方は、酵素入りの洗顔アイテムを使うようにしてみてください。

ピーリングやスクラブも有効

酵素入りのアイテムを使う他にも、定期的にピーリングしたりスクラブをするというのも有効な手段です。ピーリング成分・スクラブ成分が配合されている洗顔アイテムやクレンジングアイテムもあるので、そういったものを使ってもいいでしょう。

ただスクラブやピーリングはお肌へ刺激を与えやすいので、注意が必要な部分でもあります。週に1~2回のスペシャルケアとして使うのがおすすめです。

 

クレンジングオイルの正しい使い方

「オイルでは毛穴の汚れをキレイにすることはできない」と前述しましたが、クレンジングが毛穴と全く関係ないというわけではありません。むしろクレンジングのやり方次第で、毛穴の状態は変わります。

今まであなたがやってきたクレンジングの方法は間違っていませんか? クレンジングオイルの正しい使い方を、今一度確かめていきましょう。

長時間クレンジングしない

クレンジングオイルはお肌への負担が比較的大きいアイテムです。何分もかけてメイクオフしていると、それだけでお肌から潤いが逃げてしまうのです。

クレンジングオイルを使用するときは、1分程度でささっとメイクオフするのが理想とされています。短い時間で効率よくメイクを落とせるようにしましょう。

だらだらとクレンジングしていると、お肌が乾燥して毛穴がより広がってしまいます。広がった毛穴には角質が溜まりやすくなってしまいますので、クレンジングオイルの使い方にはやはり注意が必要です!

ゴシゴシこすらない

クレンジングオイルは使用感がなめらかなので、ついついマッサージをしたくなってしまいますが・・・クレンジングオイルでもマッサージはおすすめしません。

そもそもクレンジングオイルはマッサージのためのオイルではありませんから、お肌の上に長時間のせいていること自体がお肌の劣化を招きます。またゴシゴシと摩擦を生んでしまうと、これも肌の乾燥を引き起こすでしょう。

クレンジングオイルを使ってメイクオフするときには、ゴシゴシとこすらないようにしてください。もちろん肌荒れしないためにはメイクをしっかり落とさなければいけませんが、こすることは基本的にNGです!

 

やり方も!やってほしいのは「毛穴体操」!

毛穴に詰まった角栓を除去しやすくするためには、ぜひ毛穴体操をしていただきたいです。毛穴体操をすることで、毛穴に詰まっている角栓がどんどん柔らかくなっていきます。

柔らかくなった角栓は外に出やすくなります。毛穴体操を日常的に行うことによって、毛穴が黒ずむことを防ぐことが出来るでしょう。ぜひ実践してみてくださいね!

毛穴体操のやり方

  1. まずは小鼻の両脇に、両手それぞれの中指と薬指を当てます。2本の指で鼻の脇をおさえるような感じです。鼻を挟み込むようにしたら、左右にゆっくり動かしていきます。
  2. ある程度左右に動かしたら、次は上下に動かしていきます。挟む力はあまり強すぎてもいけません。摩擦が発生しないようにすることにも注意しましょう。
  3. 左右・上下に動かしたら、今度は鼻全体をぐるっと回すように動かしていきます。最後に小鼻をつまんで、軽く押し出すような感覚ではじきだします。これで終了です。

マッサージオイルがなくてもOK

毛穴体操は特にマッサージオイルなどを使わなくても大丈夫です。摩擦が起きないようにだけ注意して、しっかり毛穴をほぐしていきましょう。

これを毎日行えば、毛穴が自然と柔らかくなって角栓もたまりづらくなるはずです。休憩中などの空いた時間を利用してやってみてくださいね。

 

これはやらないで!毛穴ケアの間違ったやり方

一般的に「毛穴掃除におすすめ」とされていることでも、実は逆効果だったりすることがあります。NGケアを続けていると、毛穴はどんどん広がって汚れが詰まりやすくなってしまうでしょう。

あなたが今までやってきた毛穴ケアは大丈夫ですか? これをキッカケに、間違ったケア方法は見直すのがベストです。

市販の鼻パックは使わない

ドラッグストアなどに売られている、鼻に粘着させるタイプのパックは使わないようにしましょう。粘着力が強すぎて、毛穴をどんどん広げてしまう可能性があるからです。

毛穴パックを使った直後は角栓がたくさん取れて、素晴らしい毛穴掃除方法に思えるのですが・・・きれいな毛穴になるのはその一瞬だけ。むしろ毛穴が広がってさらに汚れがたまりやすくなってしまうのです。

 

一気に角栓をとる爽快感はありますが、その爽快感に騙されないでください。鼻パックは毛穴ケアの中でもっとも悪しきものといっても過言ではないでしょう。

同じような理由で、指で毛穴を押し出して除去するというのもNGです。毛穴を痛める原因になってしまうのでやめてください。

オロナインパックは危険

SNSなどを中心に、オロナインパックというものが流行っているようです。やり方はオロナインを鼻に塗って皮膚を柔らかくしてから、市販の粘着性鼻パックをするというものです。

これも毛穴を痛める原因になってしまうので、やっている方はすぐにストップしてください。毛穴がぽっかり開くくらいきれいになるようですが、その反動で毛穴が大きくなってしまうようです。

 

一時の誤魔化しにはなりますが、オロナインパックも結局はその状態が持続するわけではありません。一瞬きれいになって、またすぐに汚れが詰まってしまうのです。

毛穴のケアは正しい方法で行わないと、逆効果になってドツボにはまってしまうことも多いといいます。オロナインパックをして毛穴の開きがひどくなったことで嘆いている女性は、少なくないようです。