美肌パズル

美容情報&コスメレビュー

クレンジングオイルは肌に悪い!?それは使い方に左右されるのかも

クレンジングオイル 肌に悪い

クレンジングオイルはお肌に悪い』ってよく聞きませんか?

クレンジングにも時代の波で流行りがあり、もちろんクレンジングオイルが流行っている時もあるのですが、それでも否定派が絶えることはありません。

クレンジング料の中で最も高い洗浄力を持っていますので、お肌に使うには強すぎるという理由で毛嫌いしている方も多いと思います。

 

でも何でクレンジングオイルはこんなにお肌に悪いというイメージがついてしまったのでしょうか?

クレンジングオイルがお肌に悪いと言われている理由をまとめてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

クレンジングオイルがお肌に悪いと言われている理由

クレンジングオイルには油や界面活性剤がたくさん含まれていて、その両方がクレンジングの強力パワーになっていると言えます。

逆に言えば、クレンジングオイルが肌に悪いと言われている最大の理由でもあるんです。

では1つずつ見てみましょう。

クレンジングオイルはその名の通り油が主成分です。化粧品には油が多く含まれているため、油と油が良く混ざり合う性質を利用してメイクを落とす方法が主流になっています。

なのでクレンジングに油が含まれていること自体は問題ではないのですが、気になるのは油の量ですね。

 

油と油は良く混ざると書きましたが、クレンジングオイルは油の量が多すぎるため、メイク汚れだけでなく本来お肌に必要な油まで余計に吸い取ってしまい、乾燥肌を招いてしまうという意見があります。

お肌は油分と水分が混ざり合うことで作られる天然の保湿クリームに守られていますので、クリームの材料となる油分が足りていないと、その分 お肌のバリア機能も弱くなりますし、お肌の水分も逃げやすくなってしまいます。

 

過剰な油はニキビなど肌トラブルの原因にもなりますが、少なすぎるのもお肌にとっては良くないんです。

乾燥肌の主な原因は天然の保湿クリームが作れないことにあるんですね。

界面活性剤

界面活性剤にもあまりいい意見はありませんよね。お肌のバリア機能を破壊してしまい、乾燥肌・敏感肌・肌荒れの原因になると言われているからでしょう。

否定はしませんが、クレンジングオイルに含まれている界面活性剤の主な役割は乳化剤。

 

メイクは油で浮かすことができますが、その油を流すのはお水ですよね。油を水で流すためには界面活性剤の存在が必要不可欠になります。

界面活性剤は、油性の油を水性に変えて水でも流せるように乳化させるために含まれているんです。

乳化のおかげで油性・水性の両方の汚れに対応できますし、商品にもよりますが基本的にクレンジングオイルはダブル洗顔の必要もなくなります。

ダブル洗顔不要のクレンジングは本当にダブル洗顔しなくていいの?

 

クレンジングオイルの中の界面活性剤は洗浄を目的として含まれているわけではないということですね。いや、商品によってはその場合もあるかもしれませんけどね。

乳化して流してもヌルヌル感が残っているクレンジングオイルは注意したほうが良いと思います。

 

クレンジングは油・界面活性剤・乳化の3つが重要

上にも書いている通り 化粧品のほとんどに油が使われていて、その汚れを洗い流すために油と界面活性剤が含まれています。

逆に言うとオイルフリーのクレンジングは界面活性剤の力だけに頼っているということでもあります。

 

代表的なものが水クレンジングですが、コットンによる摩擦もありますし、界面活性剤の洗浄力はお肌には強すぎます。石油系の界面活性剤なんて特に使いたくありません。

界面活性剤はお肌のバリア機能を破壊し、乾燥肌・敏感肌を招き、結果的にお肌を老化させてしまうということを良く覚えておいてください。

メイクの先生から教わった『油は油で落とせ!』という言葉の意味

クレンジングオイル 肌に悪い

ヘアメイクの学校に通っていた頃、コスメ概論という授業があってクレンジングについても学んでいました。

クレンジングの授業に限らず、コスメ概論の授業の内容で最も印象に残っているのは『油は油で落とせ!』ということです。

 

以前、テレビ番組で口紅を作っている工場の特集をしていましたが、やっぱり結構な量の油が入っていますよね(。-∀-)

口紅だから余計にそうなのかもしれません。

 

メイクでなくとも油汚れって頑固なんですよね。キッチンの油汚れや油性ペンだって なかなか落ちないですもんね…。当然といえば当然です。

 

でも油の性質上、油とは混ざりやすいんです。

だから その油同士が混ざりやすい性質を利用して、クレンジング料に含まれている油にメイクの油を吸わせてお肌から浮かせているのです。

 

だからクレンジングオイルを始めとしたクレンジング料のほとんどには必ずと言っていいほど油分が含まれています。

クレンジングの油でメイクの油を浮かせてお肌からメイクアップ料を離すまではいいのですが、問題はここからです。

 

水と油は仲が悪い!?仲介役は界面活性剤

クレンジング料を洗い流すのはお水なのに、どうしてもお水では油をキレイに落とすことは出来ません。水と油はあまり仲が良くないので積極的に混ざり合おうとはしないんですよね。

そこで水と油を混ぜるために繋ぎの役が必要なわけです。その繋ぎの役割を果たしてくれるのが界面活性剤です。

 

あまり良いイメージのない界面活性剤ですが、これがないとメイクを落とすことは出来ません。化粧品は油を含んでいるものがほとんどなので洗顔とお水だけではメイク料などの油性の汚れを落とすには力不足なんです。

界面活性剤が水と油の中に仲介役で入ることで初めて2つは混ざり合うことが出来るようになります。つまりはお水でも油を洗い流せるようになります。クレンジングの話でよく乳化という言葉が出てきますが、いわゆるそれが乳化です。

クレンジングの乳化って何!?やり方を画像付きで分かりやすく説明

 

ちなみにクレンジングクリームやクレンジングミルクは最初から乳化された状態で商品になっています。

余談ですが、マヨネーズも卵の乳化作用により水分と油分が混ざり合っています。笑
(お酢【水分】+ 油【油分】+ 卵【乳化剤】)

 

クレンジング料は乳化することにより お水でも洗い流せるようになりますので、しっかりと乳化を行い、たっぷりのお水でキレイにすすげばクレンジングの油も残ることはありません。

クレンジングの油分も界面活性剤も肌に残っていると肌荒れに繋がってしまうので、メイクもクレンジング料もしっかりと洗い流しましょう。

クレンジングオイルは摩擦によるお肌への負担が少ない

クレンジングオイル 肌に悪い

クレンジングオイルはshu uemura(シュウ ウエムラ)が日本で初めて商品化しました。クレンジング料の中で最も高いクレンジング力を持ち、濃いメイクでもお肌に負担をかけずに素早く落とすことが出来るクレンジング料です。

お肌に悪いというイメージもあるかもしれませんが、本来のクレンジングオイルとは、メイクの脂汚れをしっかりと落としながら乾燥肌にもリッチな使用感を与えてくれるものとされています。

乳化を行うことで、オイル(油性)を水性へと変化させるので、洗い上がりがさっぱりする商品が多いためです。

クレンジングオイルを使用して肌トラブルを起こしたのであれば、使い方が間違っている(乳化が正しくできていない)か、しっかりと落としきれていないことが原因だと思います。

※もちろん肌に合う、合わないはあります。

 

確かにナチュラルメイクの方にとってはクレンジングオイルだと少々刺激が強すぎるかもしれませんね。

薄いメイクにわざわざ洗浄力の強いクレンジングオイルを使う必要はありませんので、ミルクや水性ジェルなどの洗浄力の弱いタイプでしっかり落とせているのであればもちろんそちらの方がお肌への負担は少なくてすみます。

 

ですが いろんな方から話を聞いていると、クレンジングオイルを正しく使えていない方が多いように感じます。

クレンジングオイルは正しい使い方さえ知っていれば濃いメイクでもサッと落とせるとても良いクレンジング料なのですが、あまり理解していない方からしたら扱うのが最も難しいクレンジングであり、それが原因で肌荒れを起こしてしまうこともあるかもしれません。

私は美容学生時代の先生にクレンジングオイルの正しい使い方を教えていただいたので、それからはオイルクレンジングで肌が荒れたことは1度もありません。それは安いものでも高いものでも同じです。商品によって使用感は全く違いますが…。

最も重要なのはしっかりと乳化させること

クレンジングオイルがお肌に良いか悪いかの分かれ道は間違いなく乳化にあります。乳化がしっかりと出来るか出来ないかで結果は全く変わってしまいます。

先程も書いたように、クレンジング料に界面活性剤が入っているのは乳化のためなんです。

クレンジングクリームやクレンジングミルクなど、中には初めから乳化した状態で商品化されているものもありますが、クレンジングオイルは自分で乳化させる必要があるクレンジング料です。

 

乳化を含め、クレンジングオイルの使い方を正しく理解してから使わないと、メイクを落とすために使ったクレンジングオイルの油や界面活性剤が肌の上に残ったままになり、お肌に必要な油まで吸い取ってしまったりお肌のバリア機能を壊して乾燥肌や肌荒れへと繋がります。

クレンジングオイルには賛否両論がありますが、正しい使い方さえマスターすれば濃いメイクもお肌に負担をかけることなくスッキリと落とせますし、特にしっかりメイクをする方にとっては重宝されるクレンジング料だと思います。

クレンジングオイルを使用する際の注意点

美肌になるための最大の敵は摩擦です。絶対にお肌をこすってはいけません。お肌の上にクレンジングという膜を張り、お肌の上を滑らせるようにメイクや皮脂と馴染ませましょう。

クレンジングオイルの成分はほとんどが油で出来ているため、クレンジング料の中で最もよく滑ります。

ですが決して少ない量でメイクを落とそうとせずに3~4プッシュは使い、なおかつアイメイクに移るときには更にクレンジングオイルを足して、決してお肌をこすらないようにしましょう。

 

そしてクレンジングオイルを使用する時に最も重要なのは乳化です。乳化を正しく行えるか行えないかが美肌になれるかどうかの分かれ道です。

クレンジングオイルを正しく使う事ができれば、バッチリメイクをしている方にとって最も肌に負担をかけずにメイクをスッキリと落とせる最強のクレンジング料になってくれますよ^^

正しいクレンジングオイルの使い方は!?おすすめランキングもご紹介!