美肌パズル

美肌になる方法&コスメ効果口コミ情報

クレンジングシートや水クレンジングはダブル洗顔が必須です

メイク落としシートは洗面台に行かなくても
手軽にメイクが落とせてとっても便利ですよね。

でも間違った使い方をしていると
すぐにお肌が荒れてしまうので注意が必要です。

スポンサーリンク

メイク落としシートで気をつけるべきこと

b01fd8eca8769bf856efd7f3a97ef738_s
メイク落としシートは場所を選ばずシートで拭くだけでメイクが落とせるので
とても便利なのですが 必ずしも良いことだけではありません。

メイク落としシートにデメリットを挙げるならばこの2つでしょう。

[deco_bg image=”paper1″]
[icon image=”check3-r”]シートによる摩擦
[icon image=”check3-r”]肌に残ったままになってしまうクレンジング成分
[/deco_bg]

 

シートによる摩擦

手軽にメイク落としができるとはいえ、
やはりシートではどうしても摩擦がおこってしまいます。

もちろんゴシゴシ拭くなんて もってのほかですし、
優しく拭いたからといって肌への負担が全くないかといえば そうではありません。

 

お肌に負担をかけないように気をつけて、
逆にメイクをしっかり落とす事ができなかったら
さらなる肌トラブルを巻き起こしてしまう可能性もあります。

 

クレンジングシートを作っているメーカーさんもプロの方々の集まりですから
そのへんは考慮されてシートの開発をされていると思いますが、

摩擦によるお肌への負担を考えると
どうしても他のクレンジング商品よりは劣ってしまうでしょう。

 

摩擦はお肌の大敵と言われています。

あくまでも私の考えですが、メイク落としシートは
どうしても手早くメイクオフしたい時や 外出時にとどめておき、
普通のクレンジングはお肌への負担の少ないタイプのものを利用したほうが良いと思います。

 

肌に残ったままになってしまうクレンジング成分

メイク落としシートは商品自体にクレンジング成分を染み込ませてあるものなので
顔をふいたままにしておくと お肌にクレンジングの成分が残ったままになってしまいます。

言い方は悪いかもしれませんが、
極端に言うとクレンジングとはお肌からメイクをはがしてくれるものなので
お肌に残ったままでいいはずがありません。

 

クレンジングシートでメイクを落としてからW洗顔をするというのなら良いのですが、
顔を洗いに洗面台に向かうのなら わざわざシートでメイクをおとさなくても
もっと肌に負担のかからない 効率の良いメイク落としの方法もあるはずです。

メイク落としシートの最大のメリットは手軽にメイクが落とせることだと思うので
シートを使ったあとに 洗顔のために洗面台に向かうことは少ないのではないでしょうか。

 

でも肌にクレンジング成分が残ったままだと
いずれは肌トラブルが起こってしまうでしょう。

油分に反応してニキビの原因になってしまうかもしれませんし、
毛穴が詰まってしまうかもしれません。 そして黒ずみになってしまうかもしれません。

界面活性剤が肌に残っていたことが原因で 逆に乾燥肌になってしまうかもしれません。
どちらにも反応して混合肌になってしまう可能性もあります。

 

そうなることを防ぐためにも、クレンジングシートでメイクを落としたあとは
そのクレンジング成分を拭き取る作業も忘れてはいけません。

そこで役に立つのはふき取り化粧水です。
元々はクレンジングクリームやミルクの拭き取り用として開発されたものなので
クレンジング成分を拭き取る役目を果たせます。