美肌パズル

美肌になる方法&コスメ効果口コミ情報

美肌に欠かせない【う・な・は・た・け】 ①潤いのあるお肌とは

美肌になるための条件として挙げられる【うなはたけ】は
【潤い・なめらか・ハリ・弾力・血行】の略を表しています。

では1つ1つ詳しく見ていきましょう♪
まずは①う…潤いのある肌について…

スポンサーリンク

美肌の条件【う・な・は・た・け】とは

[deco_bg image=”paper1″]
[icon image=”check3-r”]う…潤いがある
[icon image=”check3-r”]な…なめらかである
[icon image=”check3-r”]は…ハリがある
[icon image=”check3-r”]た…弾力がある
[icon image=”check3-r”]け…血行が良い
[/deco_bg]

 

この5つの条件が揃ったお肌が最も美肌に近い状態だと言われています。

分かりやすく例えるなら…
赤ちゃんの肌が最も理想的な美肌の状態だと言えます。

 

赤ちゃんのお肌って、ぷるぷるスベスベで気持ちいいですよね(*´ω`*)

 

キレイな肌を維持するのは簡単なことではありませんが、
一度【美肌の条件】を覚えてしまえば気をつけるべきことが見えてくるので
1つずつ見ていって簡単な対処法なども挙げてみようと思います。

まずは①潤いのあるお肌について…

 

①潤いのある肌とは…

潤いのある肌には、肌の表面にある角質層(角層)に
およそ20~30%程度の水分があると言われています。

ですが、ただ水分があるだけでは不十分です。
20~30%の水分を常にお肌の表面に保っている必要があります。

 

そのために重要なのは保湿力です。
いくらお肌に水分を与えても、保湿力が十分でないと
水分はすぐに蒸発を始めてしまいます。

 

スキンケアに置き換えると、
化粧水でお肌へ与えた水分が逃げないように
しっかりと乳液で蓋をしてあげましょう。ということです。

 

特に夏になると、
『乳液はベトベトするから化粧水だけでいいや』
という方もいるかもしれませんが、実は逆効果です(>_<)

夏はどうしても汗や皮脂の量が多く分泌されるので
潤いは足りていると思われがちですが、
出すぎている分、水分補給は尚更重要と言えます。

 

最近お肌のタイプにインナードライ肌という肌質が増えました。
潤いがあるように見えて、実は内部が乾燥しているお肌のことです。

この状態は特に夏に多く見られ、
後々たるみの原因ともなるので気をつけなければいけません。

 

汗や皮脂に惑わされず、しっかりと潤いを保てるお肌を目指しましょう。

 

どうしてもベトベトする乳液が苦手だという方も
まずは薄くても良いので水分が逃げてしまわないように膜を張ってあげましょう。

 

さっぱりタイプのスキンケア商品を利用するなど、
自分の肌に合ったベタつかない乳液を見つけると乳液も苦ではなくなりますよ♪