美肌パズル

美肌になる方法&コスメ効果口コミ情報

美肌になるための【う・な・は・た・け】 ④弾力のある肌とは

美肌になるためには欠かせない【う・な・は・た・け】
④た(だ)…弾力のある肌について。

弾力のある肌とはどのような状態なのか?

スポンサーリンク

弾力のある肌とは

弾力のある肌とは言葉の通り、お肌に弾力があることを指します。
ボールや風船のように、押しても自力で跳ね返してくるお肌のことです。

 

擬音語にするならボヨンかな?笑

前回の記事、美肌の条件【う・な・は・た・け】 ③ハリのある肌とはでも書いたように、
お肌の中を水風船に例えると分かりやすいかと思います。

 

ハリのある肌と弾力のある肌はとても密接していて、
張りがあってこその弾力、といった感じになります。

 

ですので、弾力のある肌にとっても やはり
コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が重要なのです。

風船と水風船を比べて想像して頂ければ分かりやすいと思いますが、
空気だけが入っている風船より、お水が入っている水風船の方が弾力があると思いませんか?

 

水分が多い方が跳ね返す力が強くなるので、
弾力のある肌を保つためには保湿力が鍵になってきます。

両方の風船から空気やお水が少しずつ抜けてしまうとしたら、
すぐシワシワになってしまう普通の風船と違って
水風船だったら多少水分が抜けてしまっても まだまだハリや弾力は保っていたれます。

 

ですが、風船が割れてしまったら
あっという間に水分が抜けてしぼんでしまいますよね。

 

それを防ぐためにコラーゲンとエラスチンを常に正常な状態に保っている必要があります。

ですがコラーゲンやエラスチンは
20歳を過ぎた頃から次第に生産される量も少なくなり、
同時に質も衰え始めます。

 

20歳がお肌の曲がり角と言われているのは このことが大きな原因と言えるんです。

いくらスキンケアを徹底して保湿を完璧にしても
コラーゲンが伸びたり切れたりしていては
ハリや弾力のあるお肌に戻すことは難しいと思います。

 

年齢に負けない、若々しいお肌を保つためには
コラーゲンを生産し続ける体と、コラーゲンを衰えさせない努力が欠かせないのですね(>_<)