美肌パズル

美肌になる方法&コスメ効果口コミ情報

女性ホルモン不足でバランスが崩れるとコラーゲンの生産が少なくなります

女性ホルモン バランス コラーゲン
女性ホルモンのうち、エストロゲンはコラーゲンの生産を促してくれるホルモンです。コラーゲンは美肌に欠かせないものですから、女性ホルモンのバランスが崩れてしまったら肌荒れなどのトラブルを起こしてしまいます。

しかし、女性ホルモンは加齢と共に減少してしまいますし、最近では若い女性でもストレスや食生活などの乱れでホルモンバランスが崩れることがあります。

 

スポンサーリンク

ホルモンバランスの崩れはコラーゲンの減少にもつながる!

ホルモンバランスが崩れると、以下のような症状が現れます。

  • コラーゲンの生産が減少することでお肌にハリやツヤがなくなる
  • シミ、シワ、吹き出物、ニキビなどの肌トラブルが起こる
  • 頭痛、生理痛がひどくなる
  • イライラする、怒りっぽくなる
  • 肩こり、疲れ、冷え、体調不良などを起こす

 

これを防ぐためには女性ホルモンを正常に保ち、ホルモンバランスを整えることが大切なのですが、食事で改善する方法があります。

大豆イソフラボンで補助!ホルモンバランスを整えましょう

大豆に含まれるイソフラボンは、先ほどお話したエストロゲンに似た働きをしてくれます。

大豆をはじめ、お豆腐や豆乳、きなこなどの大豆製品を積極的に食事に取り入れてみましょう。

ただ、くれぐれもイソフラボンの摂り過ぎには注意してください。
イソフラボンはホルモンバランスを整え、乳がんのリスクを減らしてくれる反面、過剰に摂りすぎると肝臓がんのリスクが高まると言われています。

 

ちなみにエストロゲンが多く分泌されるのは排卵前ですので、その期間にコラーゲン合成のために必要なビタミンCを意識して摂ることで、コラーゲンの生産力アップに繋がります。

食事での摂取が厳しい方はサプリを取り入れてみるのも◎

⇒高品質イソフラボンサプリ『イソラコン』お試しパック