美肌パズル

美容情報&コスメレビュー

ヒートショックプロテイン(HSP)入浴法で免疫力アップ!

ヒートショックプロテイン入浴法 効果
最近注目されているHSP入浴法。なんと免疫力を上げる効果があるそうなのです。ヒートショックプロテイン(HSP)入浴法の、自宅でもできる『マイルド加温療法』について入浴方法や注意点などをまとめました。

 

スポンサーリンク

ヒートショックプロテインとは

肌荒れの改善策として、スキンケアや食事療法などいろいろありますが、その中でも重要なのは免疫力をアップさせる方法です。

最近 注目されている健康法に、タンパク質を増やして免疫力を上げる『ヒートショックプロテイン(HSP)入浴法』というものがあります。

ヒートショックプロテイン(HSP)とは細胞を修復するためのタンパク質で、体に熱が加わり体温が38.5℃になると体内での生産量が1.5~2倍になるそうです。

 

その原理を元に、ヒートショックプロテイン(HSP)入浴法の第一人者である伊藤要子教授が推奨しているのが、自宅でも簡単に行える『マイルド加温療法』です。ヒートショックプロテインを増やし、免疫力までアップさせることができるそうです。

ヒートショックプロテイン(HSP)『マイルド加温療法』の入浴方法

ヒートショックプロテイン(HSP)を増やすための入浴法はとても簡単です。
40~42℃と、温度を高めに設定したお風呂に10~20分つかり、体温計を口にくわえて38℃以上まで体温が上がればOKです。汗を出すのも忘れずに。

大体の目安として、42℃なら10分、41℃なら15分、40℃なら20分。
と言ってもいきなり熱いお風呂に入るのは無理なので、追い焚き機能などで徐々に上げていけば良いでしょう。

 

ですが、元々の平熱が低い方にとっては いきなり38℃まで上げてしまうと体へも負担となってしまいますので徐々に慣らしていくようにしましょう。

入浴後はしっかりと保温して、体を冷やしてしまわないよう、熱を逃がしてしまわないようにしばらく(15分程度)は安静にしていましょう。

脱水症状を防ぐため、入浴前と入浴後は水分補給はしっかりと行ってください。

ヒートショックプロテイン(HSP)入浴法の注意点

伊藤要子教授の研究によると、この入浴法を行った2日後が増加のピークで、ヒートショックプロテイン(HSP)が約1.5倍まで増えるそうです。更に効果はそこから1~3日ほど持続します。

毎日温度の高いお風呂に入っていると自然と体が慣れてしまいますし、HSPの増加が期待できなくなってしまいますので、ヒートショックプロテイン(HSP)入浴法は週に2回を目安に行いましょう。

 

ヒートショックプロテイン(HSP)入浴法はストレスや疲れを軽減したり、免疫力アップ、美肌効果など、様々な効果が期待できますが、既に肌荒れしてしまっているお肌には少し刺激が強すぎるかもしれません。

肌荒れしてから行うのではなく、予防として長期的に体質を改善させ、免疫力をアップして花粉に負けない美肌作り・体質作りをしましょう^^

お肌のバリア機能を壊してしまわないように、保湿タイプの入浴剤を入れて保湿をするのも忘れずに!